2008年 12月 21日

結局高い買い物をしたのか?

この前、ネットオークションで1000円で着物を落札しました。
届いてみると、想像よりも色や柄が良くて、とても良い買い物をした気になりました。

ところが、
試にはおってみると、結構小さい。特に裄(袖の長さ)が。
私が「小さい」ってんだから、そりゃ相当なものなはず。
おそらく、普段着物に袖を通さない人だったら、
「こんなもんでしょ」と思うかもしれません。
踊りで着物を着る場合、裄が長くないと踊りにくいので、
どうしても裄の長さが必要なのです。
なので、普段着がSサイズの私でも、
着物の場合はMかLじゃないと、ちゃんと着られないのです。

しかも、1000円なだけに、表面はきれいでも、
裏地は相当に汚れていて、シミや黄ばみがひどく、一部カビのような汚れも。
色柄はとても気に入ったので着ないのももったいないし、
でもこのままでは着られない状態。

とりあえず踊りの先生に相談してみることに。
先生の見立ての結果、生地は浜縮緬という、そんなに位の高い生地ではないけど、
丈夫で長く着られる。ちゃんと仕立て直せば、この先50年は着られるわよ、と。
裄も着丈も縫込みに余裕があるからもっと長く出来るわよ、と。

そこまで言われたら、仕立て直ししてもらうしかないでしょ。
というわけで、お願いし、この前出来上がってきた。

全てほどいた上できれいに洗ってもらい、裏地も真っ白な絹に替えてもらい、
縫い直してもらった着物は、まるで別物のように生まれ変わっていて、
とても元が1000円だなんて思えないぐらい素敵になっていました。
おぉぉ、感激だぁ。よかったぁ。

かかった費用は洗いに8500円、裏地に10000円、仕立て代に27000円、
合計45500円也。
・・・結局1000円の上にかぶさるものが多かったけど、
5万円以下で新品同様の着物が手に入ったと思えば、まぁ、いいかと。
末永く大事に着ようと思います。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-12-21 01:35 | 雑言タハゴト


<< 50回目の誕生日      307年前 >>