WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 08日

日曜8時なんて最初から無理だけど

大河ドラマ「天地人」第1話の後半だけ、何となく見ました。
仕事終わって家に帰ると8時半ぐらいなもので。

阿部寛は良い役者になりましたなぁ。
歳を重ねるごとにスゴミが出てきたというか。
まだあまり有名でなかったかれこれ15年以上前に
NHKの時代劇「天晴れ弥十郎」(だったと思う)に出ていて、
おぉーかっこいいなぁと思ってました。
目で演技が出来る役者は好きです。

しかしNHKの子役選びはさすがのセンスです。
直江兼続の子供時代を演じている子役が
かわいくてこにくたらしくて賢そう。

今回舞台が新潟福島山形ということで、
帰省した時、新潟は「天地人」「愛」一色でした。
県人ですが、お恥ずかしながら直江兼続のことは知りませんでした。
江戸時代のいろんな知識の中には一切出てこない名前ですし。
「愛」の兜は何かの資料で見たことがあって、
そのデザインの妙で記憶にはあったのですが、
それが直江兼続のものだと知ったのは、ここ最近のこと。
新幹線の中で読んだ「トランヴェール」によれば、
随分と立派な忠臣、策士、指導者であったようです。
なんにせよ、地元が絡むとなると、ちょっと嬉しいものですね。

ここ10年ほどはまともに大河ドラマを見ていません。
まず日曜8時に家に居ることが無いですから。
セットとか制作手法がどの年の誰が主役のときも同じなので、
まるで金太郎飴のようなドラマだと思います。
良い意味でも、悪い意味でも。

ちなみに私が一番好きだった「花の乱」という大河ドラマは、
歴代大河ドラマの中で一番視聴率が低かったのだとか。
足利義政の妻、日野富子を三田佳子が演じたもので、
三田佳子の悪女っぷりはなかなかのものでした。
他に壇ふみ、草刈正雄あたりが良い味出してました。
まだ売り出し前の野村万斎も出てました。
細川何とかという武将の役柄だったと思いますが、
死に様が潔すぎて、とても印象に残っています。

大河ドラマは毎年テーマと出演者は気にしてます。
意外な配役が好きですよ。今年はパパイヤ鈴木とか。

まぁ、どっちみちまともには見られない(見ない)んだけどね・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-01-08 01:08 | 雑言タハゴト


<< ワクチン里帰り      いらっしゃいませ2009 >>