2009年 03月 11日

四十肩の手前

先週土曜日の朝、突如私を襲った腕の痛み。
翌日にはだいぶよくなり、問題無いかとは思ったのですが、
肩こりも腰痛も続いていたので、通いやすい近所の接骨院に行ってみることに。
矯正や針灸もやってくれるらしい。
保険がきくところは初めて。

意外にも若い兄ちゃんが対応してくれ、
しかもすごく丁寧に問診&説明しながらの施術。
私も自分の身体の状況は知りたいので、どこに行っても先生にはいろいろ質問するのだけど、
それにも丁寧に答えてくれ、「おぉ、兄ちゃん結構やるじゃん」という感じ。

で、今回の腕の痛み。
自分ではもう調子良くなったから大丈夫だと思ってたのに、
触られたり動かし方によってはまだ痛いとこに気付く。
その兄ちゃんの見立てからの説明によると、
右半身の体のゆがみから、特に物を持つ時に左の腕に負担がかかり、
左の腕の力瘤を作る筋肉が張って、痛むんだと思います・・・とのこと。
これは初期症状で、もしこのまま放置したら、
「四十肩」に近い状況なってたかもしれませんね・・・とのこと。

む。
四十肩。

最初、仕事場で「朝起きたら肩が上がらなくて」と言ったときに
ほぼ全員から「ふふ、早くも四十肩だね」と冗談交じりで言われたのだけど、
あながち冗談でもなかったということらしい・・・。

ソフト矯正込みの40分ほどの施術で、初診料含め1500円。安い安い。
腕の痛みには保険が適用されているらしい。
「また1週間以内に来ていただけますか?」
これだけ安いんだったら毎週行ってもいいよー、と思う。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-03-11 01:35 | 雑言タハゴト


<< おかえり      たまには時系列 >>