2009年 04月 13日

追いついたか

ようやく見た。
「レッドクリフ」。
・・・もちろんパートワンね。

最初30分で結構疲れましたが、まま面白かったので良し。
それぞれしっかりキャラ立ちしてたのが良かった。
しかしあの主役は孔明なの?周瑜なの?
どっちかなんだろうけど、どっちかというと金城武より
トニーレオンの方がマスコミ露出が多かったから、周瑜なのかな?
とは思いながら、個人的には孔明贔屓なので、孔明が主役のような・・・。
どっちの感情中心に見たらいいのかにちと迷う。

意外に血の気の多い映画なんですね。
殺陣は好きですが、リアルに血が出る映像があまり好きではないので、
大画面だとちょっと辛いかも。14インチのテレビで十分です。

中国の陣戦法というのがとても面白そうでした。
いろんな型があって、体型移動のように変化しながら敵を追い詰める。
将棋、ですね。
中国将棋は日本の将棋以上に「陣」が重要だときいたことがあります。
そしてやはり中国剣舞習いたい病が再発。

劇中ちょいちょい出てくるトニーレオンの裸は要らない・・・。
色気出すために無理矢理挟み込んだシーンっぽくなっていて、気が削がれる。
あの話の中に色恋を絡める必要は無いんじゃないかと。
ちなみにスーパー歌舞伎の三国志は重要な決戦を追いながら
色恋のエピソードも上手く絡めてましたが。

レッドクリフはパート2上映中ですが、大画面に耐えられそうに無いので、
TV上映を待つことにします。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-04-13 00:50 | 今日ノ出来事


<< 旅どこ2009春之壱      外見、なのよね。 >>