WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 07日

お役に立てれば

ふと思い立って、献血ルームに行ってみた。
前の週に恩人が病気で亡なったとき、「病気の人を助けるって、どういうことか」を考えた。
いろんな方法があると思うのだけど、とりあえず考えられることは、
「自分の持ついろんなものを差し出せる分差し出すこと」くらいだった。
それは善意や心配する気持ち、といったハートの部分も含めて。
献血は身近にあって、年に何回もできる。
私の1回数十分の時間で、病気の誰かの数十分、それ以上がもつのなら、
自分が元気で居る甲斐があるというもの。

高校生の時に1度、大学の時に2度しか行ったことがない上に
カードを無くしてしまったので、調べてもらうことに。
前回は8年前だそう・・・武蔵野市に住んでた頃って、かなり懐かしい住所。

採血してもらい、結果が良かったらしく献血OK。
私の前後に入室して来た女の子4人組の内、2人は断わられていた。
血が薄いとか、なんだか。体格とは関係ないらしい。

何事もなく一通り終了。
次に献血できるまで約1ヶ月とのこと。
そんなにしょっちゅうは行かないかもしれないけど、
誰かのお役に立てれば、少しは自分が気分的に楽になるので、きっとまた行きます。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-06-07 01:42 | 今日ノ出来事


<< 猫の手ぐらい借りられないものかね      ちょっと建築ブーム >>