WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 15日

で、乗ってきたわけですが

SLばんえつ物語号。

b0024051_123284.jpg


最寄り駅から40分ぐらいかけて津川という駅まで行きまして、
そこからSLに乗って帰ってくるという、ただそれだけだったんですが、
川沿い、森沿い、温泉街(ってほど街でもないけど)沿いを走る、
たぶん沿線の中でも風光明媚な部分だったので、ちょっとした旅気分は味わえました。

津川駅で給水のために20分ほど停車するのですが、
駅に停まってドアが開いた瞬間、乗っていた撮り鉄たちが先頭のSLの写真を撮らんとホームを激走。
続いて家族連れたちが激走。
いつもそういう光景は見ていますが、仕事以外で見ると、ちょっとびっくりするのね・・・。

この時間は運転台を見学できるらしい。
昔っぽい制服のおじさまたちが子供たちを運転台に上げてあげたり写真を撮ったり、
こういうのっていいねー。微笑ましい光景でした。

仕事柄、週に何度もSLを眺めていますが、
やはり静態保存と動態保存では、「(こっちが感じる)圧」が全く違うものだと実感。
同じ形をしていても蝋人形と実際の人間じゃ違うみたいに。
息をしていないものと息をしているものの差は大きい。

b0024051_1242253.jpg


なんでこんなにゴツい鉄の塊が走るのかがいまだに不思議。

しかし・・・
あんなに煙たい乗り物だとは、昔の人は丈夫な肺をしていたんですな・・・。
わりと後ろの方の客車に乗っていたのに、結構な量の煙が窓の外を流れていて、
窓を開けていれば容赦なく流れ込んでくる。(窓もかなり煤けてる)
空調も普通の客車よりも多く付いていたけど、それでも。
30分強乗っていただけでしたが、軽い喘息の発作おきました。

まぁ、良い体験をしましたよ。
天気が悪かったにもかかわらず、沿線にはあちこちにカメラを構えた人が居たり、
散歩に来た親子が手を振ってきたり、そういう光景を眺めているのも楽しかったです。
通常の乗車料金と特急料金のみで乗れるので、お手軽レジャーです。
新潟にお越しの際は、ぜひ。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-06-15 01:42 | 今日ノ出来事


<< 「闘う社長」      徒歩5分 >>