2009年 06月 16日

「闘う社長」

私がこういう分野の話題に触れることに驚く人もいるかもしれません。

プロレス団体NOAHの社長・三澤光晴氏が亡くなった、というニュース。
ネットでその一報を見て(心肺停止で搬送、という段階)、
そしてその後帰らぬ人となったとやはりネットで見て、とても驚きました。

私はプロレスのことはほとんど分かりません。
ただ、以前ここにも書いたことがあると思うのですが、
日曜深夜にテレビを付けっぱなしにしていると、NOAHの試合が始まって、
何の気なしに見ることが多かったので、NOAHのことは何となく知っていました。
そこでいつも闘っていたのが、グリーンの衣装(というのか?)が印象的な三澤社長でした。

私がいつも不思議に思っていたのは、
他の選手に比べ、明らかに年齢や体型の違うおっちゃん(失礼)が
めっちゃ真剣に闘っているのは何故?ということでした。
それでも不思議に思いながら、プロレスに無縁の私ですら、
三澤社長の試合は思わず見てしまうんです。
闘い方に人を惹きつける魅力、があったんでしょう。きっと。

ニュースになったことで、三澤社長の苦労や現役で選手を続けている理由なども知ることができました。
闘う社長、実にかっこいいじゃないですか。
こういう人には、必ず周りに有能な人が付いてくるものです。
中継が無くなったり、格闘技の種類が乱立したりで、
プロレスには不遇な時代だとは思いますが、
そしてそんな中で社長を失ったNOAHは本当に大変でしょうが、
三澤社長の遺志を受け継いで、良い試合を続けていってほしいと思います。
ご冥福を、お祈り申し上げます。

・・・・・
ちなみに。
格闘技はうちの父親や周囲の大人たちが全く興味を持たなかったことから、
本当に縁のないカテゴリーです。
今になって、バラエティー番組なんかでプロレス名場面とか見ると、
結構面白かったりするのね。初代タイガーマスクとか、すごすぎ。
これからも積極的に見ることは無いと思いますが、
深夜にやっていたら、見るとも無く見るとは思います。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-06-16 00:19 | 今日ノ出来事


<< 振り返る      で、乗ってきたわけですが >>