2009年 06月 25日

6月23日シアターコクーン

大竹しのぶ、中村勘三郎、古田新太、白井晃による「桜姫」を見てきました。

 もともとは歌舞伎の「桜姫東文章」という演目なのですが、
 この話がやたらと人間関係が複雑で、しかも展開がむちゃくちゃなもんで、
 そんなに好きな演目ではありません。
 「え”-なんでそうなるの!?」の連続です。
 まぁ、そういう無茶な部分も含めて歌舞伎らしい演目ではありますが。

という「桜姫」を舞台を南米に移すってんだから、どうなることかと思ったら。
しかしまぁ、それがまたうまく設定できていて、脚本家の長塚圭史さすが、と感心しました。
3時間弱の舞台でしたが、ものすごく見応えがありました。

個人的には今回の舞台は「キャスト勝ち」、という印象です。

舞台で大竹しのぶと古田新太を見たのは初めてでしたが、
・・・すごい。の一言に尽きます。
舞台俳優としての格が違ってました。
演技が上手い、とかいうレベルじゃなく、
その人が居てくれるだけで舞台が治まってしまう、そんな感じですか。
二人がライブで動いているのを見ただけで、十分収穫。

中村勘三郎は、「この人はやっぱり和服の人だな」と思いました。
姿勢が和服を着慣れた姿勢で固定しちゃっているので、
今回のように洋服で、しかも上半身裸になるようなシーンもあったりして、
そういう姿を見ると、姿勢が悪くみえちゃうんですよね・・・。
役柄がヤクザだったので、わざとそういう姿勢の役作りをした可能性もあるので
何ともいえませんけど。
それにしてもこの人若いわぁ・・・。んでもって、素敵だわぁ。

7月のシアターコクーンは、歌舞伎の「桜姫」の上演のようです。
「桜姫かぁ・・・うーん」と思って取らなかったのですが、
今から思えば、連続して見ておくべきだったナ・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-06-25 01:41 | 今日ノ出来事


<< 今年も受けるよ      「批評お願いします」 >>