WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 14日

ヘビロテ

この夏のWALKMANの中身の抜粋。
新旧取り混ぜ。

「starry sky」capsule
めっちゃかっこいい。
動画サイトではやたらといじられる有名な曲。
大音量で聴いてると朝から脳みそが揺さぶられます。

「ファイティングポーズの詩」馬場俊英
最終回はどうでもいいドラマに成り下がった「名探偵の掟」で
こっそりテーマ曲だった歌。気になって落としてみた。
仕事漬けなサラリーマンへの応援歌、みたいな、私が嫌いなテーマにも関わらずこれは聴ける。
”ケモノ道でケモノに会って イバラの道にもバラが咲いて”
という歌詞がある。
ケモノ道でケモノに会うことは嫌だけど(でもしょっちゅうある)、
でもバラが咲いているイバラの道ならまだ歩いてもいいかなと思える。

「Alright!」superfly
今こういう古臭い歌を歌ってもかっこいいのは彼女くらいじゃないかと思う。

「Jean was lonely」TMN
もう16年前の曲だそうで・・・。でもまったく古く感じないのは小室哲哉のすごさかと。
アルバムの中の1曲で、そんなに目立つ曲でもないのだけど、やたら耳に心地よい。
このダンスもかっこいいのでたまに動画サイトで見てにやけてたりする。

「Dive into your body」TMN
これはもっと前か。これもめちゃかっこいい。
”階段駆け上がる日焼けした細い足首”
っていう描写は独特よね、と中学生の頃から思ってました。

「夢がラジオを鳴らした夏」佐藤厚
これも15,6年前のはず(タイトルからして古いし・・・)。
1枚だけアルバムを出して消えた新潟出身のアーチスト。
基本的に四季を通じて聴いているけど、夏になると頻度が上がる。

「ナツノハナ」JUJU
何年か前の深夜アニメの主題歌だったのが、JUJUが有名になってから
「あれJUJUのだったのかー」と知った。

「吾島」里アンナ
MTVの特集で見て即DLした曲。
私と似通った嗜好の人が聴いたらたぶん悲鳴を上げて喜びそうな曲。
奄美出身、民謡を歌ってたといういわゆる元ちとせ系の歌手。
最近の作品はポップなものが中心みたいだけど、
たまに民謡っぽいテイストのものが紛れていて、それが秀逸。
歌詞はもちろん古語だから意味はほとんどわからないけども。

「jack」Pia-no-jac
今年はサマソニ系のイベントにも出てるみたい。ピアノとパーカッションの2人組。
勢いで聴く。早く歩けそうな気がする。

などなど。
あとは友人からもらったリミックスものをよく聴いてます。

夏は炭酸水みたいな曲の方が、元気が出て良いです。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-08-14 00:18 | いとし、しほらし、かはいらし


<< 年甲斐も無く      そもそも >>