WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 17日

足跡2

9月16日(水曜日)
そういえば長崎ではテレビ朝日系の深夜番組として「ドォーモ」というのをやっていて、
(長崎というか、九州全域でやっている?)
福岡のセレクトショップでファッションコーディネートのはしごをしてみたり、
地元芸人特集をしてみたり。うぅん、ちょい微妙かも・・・。

快晴!
島原鉄道で諫早、そこからJRで長崎へ。
えぇと、5年ぶりの長崎駅です。
お昼は佐世保バーガー。トマト抜きでお願いしますね。
美味しかった!厚切りベーコン万歳。

いよいよ軍艦島へ向かう船に乗ります。
40分ぐらい乗船の後、いよいよ上陸!
b0024051_17553260.jpg

真ん中に見える橋げたのようなものは、石炭を運ぶベルトコンベアーの支柱。
その奥に見えるのは小中学校です。1958年(S33)建築。

b0024051_17584447.jpg

真ん中のは炭鉱への入り口へ繋がる建物です。
山の上に見えるのは給水塔です。

b0024051_1821793.jpg

上の写真の目線をちょっと左に映すと、赤いレンガ造りの建物があります。
いわば炭鉱の事務所で、鉱員のための共同浴場もあったそうです。
浴場は3つあり、まず、海水風呂に服や靴ごと入り、汚れを落とす。
次も海水風呂で、すすぐ。
最後にようやく服を脱いで真水風呂に入れたようです。

b0024051_1871221.jpg

上の写真から左に回り込んで、足元を撮りました。
事務所や会議室、倉庫があった場所だそうですが、ほとんどが瓦礫になっています。

b0024051_1892630.jpg

島の東側からアパート群を見たところです。
正面に見える黒っぽい建物が、1916年(T5)に建てられた、
日本最古の鉄筋コンクリートのアパートです。7階建て。
真ん中あたりに崩落している箇所がありますが、
ここ10日ぐらいの間に屋根が抜け落ちた箇所だそうです。

島内の見学時間は約1時間。
見学広場は3つあり、それぞれの箇所で、ガイドさんが説明してくれます。
みなさん様々にプレゼンの方法を考えているようで、とても良かったです。

帰りの船に乗り込み、甲板から眺めることに。
最後に島の周りを1周してくれます。

b0024051_18175978.jpg

軍艦島は通称で、本来は端島、といいます。
島の様子が軍艦船に似ているということで、朝日新聞がそう呼び始めたそうです。
1周1.2キロの小さな島に、最大5000人が住んでいたそうです。

b0024051_18195436.jpg

島の北側から。こっち側は外洋なので、船がめっちゃ揺れました。
ひたすらに立ち並ぶアパートたちが、客船の船室のようです。

一眼レフを持ってくればよかった(持ってないけど)。
それくらい、とてもいい写真が撮れそうな、絶好の見学日和でした。
この島がいつまで持つかは分かりませんが、また数年経ったら見に行ってみたいです。
この、もはや風化して崩壊するしかない建物たちが、どう、変化しているか。

やはり、人の住んでいた、人の息遣いの強く感じる場所は、好きだ。
怖いけど。

長崎港に戻り、友達と合流して、さらに夫と合流して、稲佐山へ。
ちょうど夕暮れと夜のはざ間。西は夕景、東は夜景。
とても素敵なシチュエーションでした。
残念ながら携帯のカメラでは夜景は綺麗には撮れませんでした・・・。

その後、友達夫婦がよく良くという寿司屋。
〆に食べた桃太郎鰯という鰯がびっくりするくらい美味しくて。
すごい、大満足。板さんありがとう。

9月17日(木曜日)
友達夫婦に見送られ、10時40分長崎発羽田行き。
角煮まん、ありがとうございました。

あぁ、終わっちゃったよ。
旅の終わりは寂しいのと、明日からの仕事の憂鬱とワクワクと。
次にどこに行こうかという、ちょっとした楽しみと。

ちなみにこの4日間で仕事携帯に来たメール39件、電話3件。かけたの3件。
ま、そんなもんです。
主要方面にはあらかじめ連休取ることと
「山奥にいたり島にいたりするので、電波が届かなくても失踪じゃありませんので」
と牽制球を投げておいたので、この電話の少なさはグッジョブ。

この4日の内に内閣は新しくなるわ、某夫婦は保釈されて大騒ぎだわ、
エコナは回収されるわ、漫画家は行方不明になるわで、
結構世の中わたわた動いてましたのね。ふぅん。

ささ、現実に戻る準備を・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-09-17 17:58 | 今日ノ出来事


<< わたし      足跡1 >>