2009年 09月 28日

よくできてますな

先日ディズニーシーに行ってきたわけですが。
初めて足を踏み入れました。
なかなか行く機会が無かったのですよ。

ちなみに自分、残念なことにそういうファンタジーな世界があまり得意ではなく、
キャラクターたちが居たとしても、できれば素通りしたい人です。
純粋に楽しめる人を羨ましく思います。

しかしまぁ。
街の作りというか、景観が素晴らしく良く出来ていて驚きました。
ディズニーランドは昭和の遊園地の構成だよなぁ、という感じですが、
(夢の押し売り、的な。宇宙イメージが多かったりとか。)
シーは国や街があって、住む人が居て、そこに遊びに来ている感じ。
一番印象に残ったのは、唯一の異世界であるリトルマーメイドのエリアでした。
原色や蛍光色多いし、ディズニー的なうにゃうにゃした曲線が多くて、
ややグロテスクな感じもするのですが、
海底ってこんな世界であっても納得するかも、と思いました。
他が現実的な風景が多いので、このくらいのボリュームの夢は嬉しいような。
ショーも良かった。意外とレベルが高い。

人形の動き。いちいち関節が動くのがすごい。
リアル、というわけではないけど、人形があそこまで動くものかと。
歌や台詞がちゃんと口から聞こえてくるのがすごい。
当たり前のことだけど、意外とそうじゃないことが多いから。

自分はやっぱり「落ちる系」のアトラクションが苦手だ・・・。
ジェットコースターや回転するものは平気なのだけど、
椅子からお尻が浮くようなものはなるべくなら避けたい。

3D系も苦手。
乱視がきついのが原因かどうなのか、視覚トリックものは楽しみにくい。
脳みそをバカにされたような気にもなるのよね。

びっくりするくらい、土産という土産を何も買いませんでした。
人には買わなくても、自分用に菓子のひとつも、普段は買うのですが。
ディズニーの菓子って、パッケージを「残るもの」を前提にしているのは意図的だと思うけど、
それが逆に買いにくかったかなー・・・。
私の部屋にミッキーやディズニーのものがひとつも無いのは、
たぶんキャラクター自体や世界にあまり心を寄せていないからだと思います。
あまりにもマスだから、だと思う。

なんだかテンションの低い感想が多いような感じになってしまいましたが、
楽しかったのです。レジャーとして、ディズニーは無敵です。
一人ではこういう箇所は行けないですし。
大人数でワッと行くのがいいですね。
特に今回は会社の事務のお姉さんの5歳の娘さんがいたおかげで、
大人だけでは乗らないようなアトラクションにも乗って、
それがすごく楽しかったり目新しかったりしました。
子供の目線って、本当に素直なんですね。

遊びながらふと思いました。
そういえば私は家族で遊園地に来たことって、たぶん無かったな。
子ども会のイベントや遠足で動物園や遊園地は来たけど、家族で来た記憶が無い。
それが寂しかったとか、他の友達が羨ましかったとかは、無い。
「ディズニーランドに行きたい!」と子供の頃に思ったことが無かった。
・・・やっぱり変な子供だったんだろう。

次は富士急に行くぞ。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-09-28 22:33 | いとし、しほらし、かはいらし


<< これから      サボり >>