2009年 10月 07日

ヒトヤマコエタ

先日、ある有名マジシャンのお誘いで、久しぶりにちゃんとした舞台に立ちました。
鳩花やって、というリクエストでしたので、
2年ぶりに基礎から掘り起こして、演じました。

2年前、香港でコンテストに出た後は
「もうこの演技、一生しなくてもいいかも」ぐらいに納得して完結したつもりだったのですが、
やはりそれから2つ歳をとって、自分自身変質して(成長かどうか分からないので、変質)、
もう一度正面切って向き合ってみたら、「まだまだやることあるじゃない」。
結局、思いに力が追いつかず、訂正しきれずに本番を迎えてしまいました。

それでも。
今回はいい感じに力が抜けて、すごーく楽しい舞台でした。
ショー自体がふんわりした、いい雰囲気だったので、
その中で水を挿すような存在にはならなかったかなと思ってますが。

共演というにはもったいない、
いっこく堂さんは本当に素晴らしいパフォーマーだと思いました。
クレバーなパフォーマーは大好きです。
モロ師岡さんといっこく堂さんの出演の時は、
他の出演者と裏方が舞台袖に大集合して大笑いしてました。

思うことがいろいろ、考えることがいろいろ、反省することがいろいろ。
「仕事!」と駆けずり回っている自分に酔いどれて、
仕事以外に酔いどれることから遠ざかっていたような。
今回の道具を片付けて終えて、余韻がふわふわ残るくらいになったら、
次の舞台に向けてまたコツコツ取り組みます。

嬉しいことに。
「素敵だった」「綺麗だった(←道具のことですよw)」とたくさんの方に言って頂けました。
ひとつでも印象に残る部分があって、よかったです。

もうひとつ嬉しいことに。
大好きな仙人みたいなおじいさんに「大好きだ」と言われました。
はい。もっと精進します。

これで一山越えました。滑落はしなかったようです。
ちょっと、ほっ。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-10-07 01:55 | 今日ノ出来事


<< 休日ってしあわせだ      これから >>