2010年 01月 25日

時代とか世代とか

うっかりしていたら初場所が終わってしまいました。
初めの何日かは魁皇や千代大海がずいぶん話題になっていたので
目耳に入ってくることも多かったのですが、
後半は理事問題のほうが取り沙汰されてて、尻つぼみ感が・・・。
なんか、本筋じゃない話題でかき消されてしまってた。

魁皇に敗れた千代大海が、その翌日に引退表明したのには
思わず泣けてしまいました。
「最後の対戦相手が魁皇で良かった」
だなんて、すごく日本的な、武士的な潔さで格好良かった。

思えば千代大海の師匠である千代の富士は、
貴乃花に敗れたことで「体力の限界」という理由で引退している。
この引退会見もまた、格好良かった。

  相撲の話なんて普段あまりすることはないけど、
  必ず盛り上がる話題として、「千代の富士派か、寺尾派か」というのがある。
  今のところ、寺尾派の方が多い。
  確かに寺尾も格好良かった(今も格好良い)けど、
  私は圧倒的に強かった千代の富士がヒーローなのですな。
  千代の富士対小錦とか、対比が子供心におもしろくて。

私は30歳という、ようやく少しは地に足をつけて生活ができるようになったくらいだというのに、
相撲界では千代の富士、千代大海と、もう2世代が引退してしまった。
なんて短いサイクルで回る世界なのだろう、と思う。
上位の日本人力士が少ないのも、やっぱり寂しいし。
重ねて、理事のゴタゴタなんていったら、
このままこの国技はどこへ行っちゃうんだろう?と思ってしまう。

ちなみに、私が顔を大絶賛している普天王という力士がいるのですが、
ここ何場所か幕内から離れているようです・・・。残念。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-01-25 00:55 | 今日ノ出来事


<< 思い切りのよさ      落語者 >>