WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 05日

所詮あたしゃあ

この前仕事で、駅売店でおなじみの会社を訪れました。
上司と、先輩と、私、の3人。
先方は定年間近のおじさまと、真面目そうな30代男性と、
たぶん20代後半の、わりとキャピッとした女性。
上司と先輩は先方とはだいぶ仲が良いらしく、
仕事の話も余談も和気あいあいと進む。

余談の中、先方から
「3人並んでると、変った絵だよねぇ」
と言われる。

・・・そうよねぇ。

上司(37歳。ちなみに課長代理という、どこまで偉いんかわからない役職が付いている)は
あごひげにジーンズにYシャツにジャケットというクリエイター風情。

先輩(33歳)はスーツだけどノーネク、
Yシャツのボタンを2つか3つ開けて、おそらく自慢であろう胸毛が見えてる。
身長190センチのガッシリ体系に茶髪、黒ぶち眼鏡、口ひげ&あごひげ。

その2人に挟まれた、ソフトモヒカンに胡散臭い眼鏡をかけ、
Yシャツにパンツスーツを着たコビトな私。

上司:「3人揃って”イロモノ”ですみません。
   こんなんばっかりで、どんな部署だよ!って感じですよねー」

・・・まったくです。
イロモノとはよく言ったもので。
3人セットでいることが日常になっているので、当人たちはイロモノ感ゼロなのですが、
周りから見れば、ノーマルじゃないよなぁ。

ちなみに、定年間近なおじさまからは「男性だと思いました」と褒められました(←違うか)。

私たちが帰った後、先方では私の歳がいくつなのかで盛り上がったらしい。
男性2人は20代後半とよみ、女性は「35歳」と言ったらしい。
判断基準としては、「”イロモノ”男子2人と対等に渡り合っているところ」とのこと。

帰っても話題にしていただけるのは社会人冥利に尽きますが、
35歳はショックだ・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-03-05 01:39 | 雑言タハゴト


<< ひゃっほい      ヘビロテ >>