2004年 12月 07日

救援物資届く

先週、実家に電話。
「あのねー、お米なくなっちゃってねぇ」
今日、宅急便で実家からお米+その他諸々が届きました。
うちの新潟の実家は農家ではないですが、
父親の実家は代々土地持ちの農家なので、米は一応コシヒカリ。

  故に独り暮し始めて今まで一度も米を買ったことがありません  
  ・・・と言えればかっこいいんですけど、
  一度だけ、スーパーで米を買ったことがあります。
  去年、ハトの餌につく(と思われる)虫が米についてしまい、
  3キロ分くらいを捨ててしまいました。
  (おじさん本当にごめんなさい!餌の保存方法が悪かったのです)
  これで実家に米を頼むのが心苦しくなり、
  近所のスーパーで北海道産のを買いました。

  この米がまずかったのなんのって。
  確かに、一番安い米、なりの味でした。
  いろんな穀類を入れて味を誤魔化しゴマカシ食べきりました。

結論としては、「コシヒカリはおいしい!」ということです。
魚沼産コシヒカリ、といえば立派なブランドですが、
あの辺は水がおいしいところなので、当然米もおいしいわけです。
うちの実家の市も自慢できるくらい水がおいしいので、
ブランドではないですが、うちの米もおいしいわけです。
精米したての新米なんて、おかず無くてもおかわりできちゃう。

  学校給食ももちろんコシヒカリなんですよ、贅沢。
  米不足の年も、一般にはタイ米やら何やらが流通しましたが、
  新潟県は「子供たちの給食は県内米を!」ってことで、
  おいしいご飯を食べ続けることができました。

今日の宅急便の中身はこんな感じ。

  米10キロ・みかん・りんご・せんべい・チョコレート
  カレーセット(じゃがいも・たまねぎ・にんじん・バーモントカレー)
  ・・・納豆。

宅急便に納豆が入っているのはよくあることで、
実家のほうのスーパーの納豆コーナーでは70%くらいのシェアを誇る
地元の「桜納豆」、私がそこの納豆が好きなもので。
(流石に夏場はそういうことしないけどね。)
でも最初に食べたのはカレーセットで作ったカレーでした。
なんでよりによってあまり好きじゃないバーモントカレーなのよ。
私が家ではオリエンタルカレーしか作らないの知ってるくせに!
とか思ったけど。

いつぞやも、やたら重い荷物が着たと思ったら、
山の湧水をボトル(しかもガラス瓶)に入れたのが入ってた。
「これで米を炊きなさい、おいしいから」ってことだったらしい。
[PR]

by pocket-xiao | 2004-12-07 01:49 | 今日ノ出来事


<< あといくつねると      色即是空2 >>