2010年 05月 29日

会いたくなる

今週もややマイナス気味で終了。
深く沈んではないけど、もうちょっとすれば空気が吸えそうな水面下を
すぅーっと進んでいる感じ。
仕事では言いたいこと言って喧嘩もしたし、
気持ちよく喧嘩したので、後でクサクサせずに済んだし、
踊りのお稽古には妙に集中できたり、
立川談志の新刊を手に入れて、前作よりも面白かったり。
総じて悪くはなかった。
そうしておこう。

最近やたらとよく聞く曲がありまして。
ちょっと前の曲ですが、
宇多田ヒカルの「Prisoner of love」と
ミスチルの「HANABI」が。

2曲に共通しているのは、
人生において大事な人に出会えた感動とか感謝とか、歌っているということ。

prisoner of love
 退屈な毎日が急に輝きだした
 あなたが現れたあの日から
 孤独でもつらくても平気だと思えた

 ありふれた日常が急に輝きだした
 心を奪われたあの日から
 孤独でもつらくても平気だと思えた

HANABI
 さよならが迎えに来ること
 最初からわかってたとしたって
 もう1回もう1回
 もう1回もう1回
 何度でも君に会いたい
 巡り会えたことでこんなに世界が美しく見えるなんて
 ・・・君に心からありがとうを言うよ

人と出会うこと、その人を知ること、惚れ込むこと、
また、会いたいと思うこと。
そんなにたくさんの人に対して心を寄せることはできないし、
私は不器用だから伝えることが下手だけど、
でも最近は一個人として、伝えるべき人には、伝えるようにしている。
誤解の生まれない「好き」を言える人になりたい、と思うのです。

今週はHANABIを聞いて、「何度でも君に会いたい」のフレーズで
毎回泣けてきちゃうくらい、誰かに会いたかったみたいです。
別に愚痴ったり、泣きついたりしたいわけじゃなくて、
たぶんその人に会うだけで、自分は十分にハッピーになれるので、
ただ、会いたいだけ。

ちなみにHANABIのこのフレーズも好き。

 考えすぎで言葉に詰まる
 自分の不器用さが嫌い
 でも妙に器用に立ち振る舞う
 自分はそれ以上に 嫌い

20代前半は、器用な鉄人みたいな人になりたいと思ってました。
で、なれると思ってました。若気の至れり尽くせりです。
器用な鉄人はかっこいいと思うけど、
人としてのかわいらしさとか、弱さみたいな不器用な部分もまた、
その人を美味しくする調味料みたいなものだと思うのです。
調味料だけじゃ、食えんけど。

抱負。
来週こそはプラス着地を目指して、ゆらゆら頑張ります。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-05-29 00:12 | 言の葉コトダマ


<< 個人的には許せないのです      1年 >>