2010年 06月 25日

歯切れが悪い

先日、社内の経営計画発表会的な集いがあった。
1時間にわたってお偉いさんの話を聞くというもの。

なんだかねぇ。
終わってデスクに帰って、上司に一言。
「うちのお偉いさんはもしかして頭が悪いですか」
「そうだよー」
・・・あぁ、そうなのね。

①人を減らして、経費のスリム化
②個々の売上を上げる
③利益を上げるのは難しいだろうから、現状維持をめざす

が会社の新しく目指す方向だなんて、
経済学部生でも言えますわ。

思うのですが、
人の上に立つ人、人を使う人は、
「楽しく大口をたたいて、明るい未来予想図を描いてくれる人」
であって欲しいなぁと思うのです。
大口をたたいた結果、コケそうになったら、もしくはコケたら潔く謝ってくれればいい。
石橋を叩いてばかりでは、後ろに続く人がどうしていいかわからない。

プラス、
「この人に付いて行ったら、きっと楽しい夢が見られる」と信じさせてほしい。
「この人のために、良い仕事をしたい」と思わせてほしい。

プラス、
数字ばかり見ずに、人を見てほしい。
人の頭と心の中を、想像してほしい。

・・・・・

コンビニ店長をやっていたころ、その時も2回ほど経営計画発表会に参加したけど、
そこの会社の社長は、しがないFC店長の私みたいな人にも頭を下げて
「よろしくお願いしますね」と目を見ながら両手で握手をしてくれた。
話には、説得力も夢もあった。

経営者は「かくあるべき」とまでは言わないけど、
「こうあってほしい」と思うのです。

とりあえず私は、自分が信じたい人を信じて仕事をすることにします。
じゃないと、明るい未来がやってこない気がして。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-06-25 02:26 | 嫌いだったり、苦手だったり


<< 古き良き      低っ。 >>