WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 19日

旅どこ2010夏 ⑤

b0024051_16482731.jpg

ちなみにお昼ご飯は「鹿丼」でした。
蝦夷鹿の肉をかなり味濃く焼いたもの。
風味はジンギスカンに近く、歯ごたえのある肉でした。

で、廃線跡。
廃線跡巡りのツアーがあり、ガイドさんが説明してくれました。
私を含め3人の参加者で、若者ばかりだったことから、
ガイドのおじさん、
「今日は足腰使うコースを案内します」
ということで、かなり足場の悪い所に行ったり、藪の中くぐったり。

前回記事のような石のアーチ橋が随所に架かっております。
タチの高い石橋はあまり見たことが無かったので、
下からぐわっと見上げた感じは格別でした。
写真はホーム跡が残る幌加駅の線路。
本来は全て撤去される予定が、
地元の方の声で200メートルくらい残してあるのだそう。

そもそも、なぜ士幌線跡に巡りあったのかというと、
何か建築物の調べものをしていた時に、
タウシュベツ川橋梁
という橋に出会いまして、これが素晴らしく素敵な石橋なのですよ。
一目惚れしまして、この橋について調べたところ、
士幌線の廃線跡であり、他にもたくさんの石橋がある、
ということがわかりました。

残念なことに、今回タウシュベツ川橋梁を見ることはできませんでした。
タウシュベツ川橋梁は糠平湖という、発電ダムに架かっているため、
ダムの水嵩が増すと水没してしまうのです。
(それを繰り返しているため、独特な風合いになっている)
廃線跡ツアーに参加申し込みした6月から、
橋が水没していることは聞いていました。
それも巡り合わせです。
また、見にくればよいのです。

糠平を後にし、バスで旭川へ向かい中。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-07-19 16:48 | 今日ノ出来事


<< 旅どこ2010夏 ⑥      旅どこ2010夏 ④ >>