2010年 09月 11日

行商

夜家に帰って窓を開けていたら、
何かの行商が車で近づいてきた音が聞こえた。

焼き芋にはまだ早いよね。
スイカとかメロンとか桃とかトラックで売りに来る、あれかしら。
と思ってよく聞いたら、

「わらびーもちー、つめたーい、わらびーもちー」

ええっ?
この地域はわらびもちをトラックで売りに来るの・・・?
青森ではリヤカーをひいてアイスを売っている人がいて、
麦わら帽子をかぶったおじいさんが鐘を鳴らしながらリアカーをひいて・・・
という、風情のあるものだったけど、
ワゴン車でスピ―カーで「わらびーもちー」というのは、ねぇ。

もしかして珍百景的なものなのか。

これを書いて思い出したけど、
子供の頃、夏になると風鈴屋さんが行商に来ていました。
担げる屋台みたいな櫓みたいなものに、ガラスや鉄の風鈴をいっぱいぶら下げて、
チリチリ鳴らしながら街を流していました。
ひと夏に2回ぐらいまわってくる。
今考えるとものすごく貴重な光景だったのだなぁ。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-09-11 00:35 | 雑言タハゴト


<< I believe...      楽しい我が家 >>