2010年 10月 28日

魔法がかかった瞬間

先日、上司の娘さんの誕生日ホームパーティーに呼ばれ、
プレゼントを持って行くことに。

自称「プレゼントマニア」ではありますが、
15歳の女の子にあげる想定で物を見たり選んだりしたことが無いので、
はて、何をあげたらいいものか。
今時の中学生はどんなものが好きなのよ?
何が流行っているのよ?
その子がピンク色が好きだということは知っている。

決め手がないまま、某駅ルミネへ。
雑貨をうろーんと見てみる。
手帳は好き嫌いがあるし、カジュアルウォッチは親が気にしそうだし、
マフラーは季節ものだし、シュシュを使うには髪が短い・・・。

・・・おっ。
ある店の店頭に、直径30cmくらいのマカロン型のクッションを発見。
ふわふわで、かわいい。
薄いピンクと、むらさきと、黄色の3種類。
チャックが付いてて、中にはこれまたふわふわのブランケットが入っている。
これはいいんじゃない?
冬はブランケットを使えばいいし、オールシーズンクッションにもなるし、
ベッドやソファーに置いても普通にかわいい。

即決でピンクを購入。プレゼント用のラッピングを頼む。
ラッピングが終わり、店員さんが紙袋を渡してくれる時、
「ありがとうございました。喜んでもらえますように!」
と言ってくれた。

その瞬間、そのプレゼントに魔法がかかった気がして、
ものすごく嬉しくなった。

実際、そのプレゼントはかなり喜ばれた。
翌日、上司にも「昨日のマカロンはツボだったなぁ」と言われた。

マカロンを選んだのは私だけど、プレゼントとして仕上げてくれたのは、
あのルミネのお姉さんだ。
お姉さんにはとても感謝をしているし、またプレゼントを買いたいと思った。

魔法の言葉って、本当にあるものですね。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-10-28 00:01 | いとし、しほらし、かはいらし


<< 雨ニモマケズ      老婆心 >>