WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 15日

スポーツの秋ですの

相撲。
やー、良い取り組みでした。
別に白鵬に負けてほしかったわけではないです。

そんなに長い取り組みではなかったと思うのですが、
みるみる白鵬の白い肌が紅を挿したように赤くなって、
相撲ってやっぱり力と力のぶつかり合いなんだなーって、率直な感想。
浮世絵で見る力士にそういう、体中が血の気で赤くなっている姿を見たり、
相撲を題材にした落語で「谷風のまっ白い肌が桜色に染まって」
という表現を聞いたことはあっても、実際にああいうのは初めて見たかも。

白鵬のインタビューで、最後に一言
「これが 負けか」とつぶやいたのがすごい印象的。

次。
フィギュアスケート。
村上佳菜子かわいい。めちゃかわいい。
浅田真央の再来と言われているけど、
それ以上にもっと、ぶっとんだものを持っている気がする。
人を幸せにする、笑顔にする子だなぁと。

前シーズンの鈴木明子のフリー演技ウエストサイドストーリーも感動的だったけど、
村上佳菜子のショートのジャンピン・ジャックはもっと良い。
楽しそうに演技する子は本当に大好き。
GPファイナル出るらしい。楽しみ。

次。
バレーボール。
ちょっとしか見てないけど、すっごい良かったらしいじゃない。
セッターの小さく見える選手も、実は170センチとかあるんだよね、きっと。

自分、スポーツ何にもできませんもんで、
はつらつと動ける人はうらやましいし、
勝ち負けを知っているって人生でものすごく大事だと思うし、
何よりもアスリートの笑顔って素敵だなぁと思うのです。
作らなくたって、人の笑顔ってこんなに素敵なんだなーって。

・・・そんな事を思う私は、ちょっと老けたのやも知れない。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-11-15 23:35 | 今日ノ出来事


<< バージョン違い      今週末も >>