2011年 01月 28日

券売機の誤算

名古屋の地下鉄で260円の切符を買うのに、50円玉のお釣りをもらおうと思って310円を入れた。
自販機って、たまにこちらの意図と無関係に、
こういう時に10円玉が5枚出てきたりもするもので。

切符が出て、少し遅れてチャリンとお釣りが出てきた。
お、良かった、50円玉で返ってきたよ、
と見ると、銀色じゃなかった。。。

まさかの5円玉。

で、しばらく間を置いて10円玉が4枚出てきた。
自販機からお釣りとして5円玉が出てくるという、常識に無い現象に、
しばらく券売機の前で考える。
(考える、って程の時間じゃなかったのだけど、その数秒間がすごく長く感じたのね)

普段なら5円お釣りが足りないくらいじゃ、別にわざわざ申し出たりしないけど、
この釣銭不足は有り得ん。。。と駅員さんに申し出。
駅員さんもちょっとびっくりした様子で、でもちゃんと50円にして返してくれた。
10円玉5枚で、だったけど。

5円玉が10円玉として出てきた、
ってことは、その前に誰かが切符を買う時に5円玉を10円玉として認識した、っていうこと?
普通は間違えて入れても排出されるはずだけど。
それとも最初から釣銭に混じってた?
謎が謎を呼ぶ。

名古屋地下鉄では来月からIC乗車券がスタート。
こんな釣銭不足はもうなくなります。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-01-28 09:05 | 今日ノ出来事


<< そういう意味じゃない      あらこのおいしいもの。 >>