2004年 12月 26日

ワタシのタメの

何年か前のバレンタインデー。
その日はサークルの先輩とご飯を食べる約束をしていました。
あ、女の先輩ね。言っとくけど。
約束の時間までまだちょっとあるな、寒いし、少し暖まろう。
と何気なく入った吉祥寺東急(改装前)。

  当時は1階正面を入ったところに「時計工房」という
  手作りの腕時計を扱うお店があり、いつも気になっていました。
  (池袋東武にも入っていましたね、今は知りませんけど・・・)

おぉ。結構かわいいのね。うん、素敵ステキ。
と見ていたら、店員さんがすかさず近寄ってきた。
「どうぞぉ、気に入ったのあったらつけてみてくださいぃ」
・・・こういうのは苦手ですが・・・まぁ、実際素敵だしね。
b0024051_1335840.jpg

いいなぁ、と思ったのを試着してみると、
これがまぁずいぶんとサイズがちょうど良いんですよ。

  手首が細いんです。
  腕時計を買っても、一番内側のベルトの穴でもゆるいので
  いつももう一つ穴を開けてもらっています。
  既製のベルトでちょうどいいのは、このときが初めてでした。

「あら!なかなかこの時計はめられる人いないんですよ!」
なんて店員さんが言うもんだから。
これからご飯食べるためにお金下ろしたばかりだし。

・・・初めて衝動買い。

気に入ってます。
だって一点モノだしね。
[PR]

by pocket-xiao | 2004-12-26 01:37 | 窓際写真展


<< 「災」転じて福になれば・・・      「裏」ありき >>