WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 01日

繋がった

ネットで話題になったJR九州のCMを見ました。
3月12日の九州新幹線全線開通を告知するCMで、
震災報道でほとんど?全く?放映されずに終わったものです。

本当に素晴らしいCMでした。
新幹線の車窓から見える風景をつなぎ合わせたものですが、
その「風景」というのが、沿線やホームにいるたくさんの人が
新幹線に向かって手を振ったり踊ったり、
お祝いのメッセージのパネルを掲げていたり、
駅のホームでお祭り騒ぎをしていたり、
とにかく窓の外が祝福の嵐の連続なのです。

JR東日本がはやぶさのかっこよさやゴージャスさという、
車両そのものをアピールしたり、
東京と東北は近いんだよ、みたいなしみじみしたイメージCMを作ったのとは違い、
JR九州は「歓迎される、愛される新幹線」という存在自体を
めちゃくちゃハッピーにアピールした感じ。
どれも良かったけど、JR九州のは特段良かった。

そして東北新幹線が復活した4月29日、
この風景を東北新幹線で実現させよう!という計画がネットから起こり、
実現されたというニュースをTVで見ました。
田んぼのあぜ道で手を振る人、
大漁旗をはためかす人、
「東北魂」を掲げる人、
「ありがとう 全国の皆さんの支援に感謝します」を掲げる人、
新幹線を追って走る人、
たくさんの人が参加するのが新幹線の窓から見えたそうです。
このニュース映像がまた感動的でした。
本当にJR九州のCMみたいでした。

東も、九州も、新幹線に思いを託すなんて、
新幹線そのものが珍しかった昭和の高度成長期みたいで、
なんだか古めかしいなぁ、って、最初は思いました。
でも日本列島に新幹線の線路が書かれた地図を見たときに、
「あ、繋がった。。。」と思って、
実は日本の歴史的にものすごく大きな出来事だということを実感。
はからずも、ドラマチックな展開となってしまったわけですが。

6月ごろ、青森へ行こうと思います。
青森の現場のスタッフにも会いたいし、はやぶさにも乗ってみたいし。
新幹線を待ち望んでいた青森しか知らないので、
新幹線を普通に迎える青森を、見てきたい。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-05-01 00:12 | いとし、しほらし、かはいらし


<< ゆるいなりに      一念発起 >>