WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 15日

昭和の芸人は偉大です

先日、おそらくテレ東系だと思うのだけど、
ベテラン漫才師・漫談師が集まっての番組があった。
ケーシー高峰の医学漫談をテレビで見たのなんて、
15年ぶりくらいだろうか。とても珍しい。

その中で、あした順子と内海桂子の漫談があって、
これは演芸ファンなら「何ィ!?」と驚く組み合わせ。
超ベテラン女性漫才師2人が並ぶ絵は、
ものすごい神々しい感じでした。
もう二度と見られないかも。

桂子師匠が最後に、「奴さん」という御座敷舞を踊ったのだけど、
御歳89歳で、きちんと体が動くのを見てびっくりした。
確かにおばあちゃんなりの動きではあるのだけど、
身に染み付いている所作は、きちんとしていた。
こういうおばあちゃんは素敵だなぁ。

エンディングのトークで、桂子師匠が
「あした順子は”妻(づま)”もできるんだよ」と言っていた。
手つきが手品だったので、”妻”はおそらく”手妻”のことだと思うけど、
それは初耳。
苦労してきたであろう昭和の芸人さんだから、
わりと何でもできるんだろうなぁ、というのは、なんとなく想像がつくけど。
それにさらっと”妻”という言葉が出てくる桂子師匠もすごいや。

昭和の芸人さんもだいぶ少なくなってきてしまいました。
今見ないと、一生後悔するような。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-06-15 00:41 | 今日ノ出来事


<< ダサいとおしゃれの紙一重っぷり      どこいく >>