2011年 07月 06日

「それは偽物だ!」

ロート製薬が主催しているという「くちびるコンテスト」のサイトを見た。
「I want chu!」というネーミングも、コンセプトも、嫌いじゃない。
主催者の「らしさ」が光る、なかなか洒落たコンテスト。

と、思っていたのだけど、実際見てみたら、納得できなかった。

だって、そのくちびる写真のほとんどは、口紅(言葉が古いネ)やグロスで
”綺麗に””形作られた”ものだから。
そりゃ綺麗に決まってんじゃん!
これではくちびるコンテストではなく、メイクコンテストである。。。
そのくちびるが自然に持つ、かわいらしさとか色気などを競うものだと思っていたのに。
「それは偽物だ!」は言いすぎだけど、まぁそんな感じ。
ずるい、というか。

見なかったけど男性バージョンは、当然すっぴん(もしくはそれに近い)だろうと思われる。
それが正当じゃね?

仕事上お付き合いのある接遇マナーの先生に、いつも、
「女性は口紅さえ付けていれば健康的に見えるから、
人と会う仕事の女性は口紅を付けたほうが良い」と言われる。
言っている意味は十分理解できるけど、
私はどうも生理的に口紅が嫌いで、それこそ薬用リップクリームが限界。
くちびるに何か付いていることに耐えられない人。
それに、このとんがり頭+変なメガネに口紅が合うとは到底思えない。
以前はせめて舞台用に、というのを持っていたが、
それすらもう捨ててしまった。
自然な状態が一番落ち着く、ってことになった。

このコンテストずっとやるつもりなら、
もっとナチュラルな状態を競うように方向転換した方がいいんじゃないかな。
好感度高いと思うけどね。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-07-06 00:04 | 雑言タハゴト


<< 探し物      読書感想文 >>