2011年 07月 10日

人間活動

土曜日は踊りのお稽古。
本来5月のおさらい会にかける予定だった踊りのあげざらいでした。
菖蒲売。あやめうり。
娘踊り、能がかり、クドキ(口説き)、ちらし(にぎやかな場面)など、
一曲の中にいくつもの踊り分けがある、とても難しい踊りでした。

ひとしきり汗をかいたので、
以前週一で通っていた銭湯にひとっ風呂浴びに。
うあー。気持ええー。
体も気持ええが、心はもっと気持ええ。
やっぱり日本人は風呂だネ。
んで、スパより銭湯だネ。
お稽古→銭湯は暑い間は定番になりそ。

帰宅。家庭菜園の茄子とピーマンで麻婆茄子。
帰りのスーパーで山椒ミルを購入してきたので、
大好きな山椒をひきたてかけ放題。
こんなに画期的なものがあったとは。感涙。

この日のケータイ大喜利は楽しかった。
さすがレジェンドだらけの会だわ。レベル高い。
深夜になって同居人と居候が帰ってきたので、ひとしきり絡んで就寝。

日曜日、お芝居見に池袋。
友達おすすめの、コメディーユニット磯川家。
思い出の詰まった古い家からの立ち退きを巡る物語。
面白かったし、母の実家を見ているようで、きゅんとした。
や、別に母の実家は開発のための立ち退きをせまられてたりはしませんが。
古い家なのです。二層式の洗濯機も、井戸跡もあります。

兄貴役の俳優さんすごかった。
登場シーン、セリフ、動き共に少ないのに、抜群の存在感。
ああいう俳優さんが舞台にいると、見ていてホッとする。

願わくば、全体的にもう少しセリフが少ないと良い。
私が現代劇や映画より、古典芸能に傾倒する理由はそこなのだな。
言葉で飾りすぎるのがもったいない。
もっとセリフの一語をぐっと受け止めて噛み締めたい。
日本語は、単語が少なくても効能が強い言葉だと信じている。
もちろん選び方と並べ方次第だけども。

の後、下北沢に移動して軽めのライブ。
やっぱり生楽器生歌はいい。
「人の良さそうな人」の歌は良い歌だと思いました。
にじみ出てる、というやつで。
友達がこの歌い手さんが好きな理由が分かる気がした。

また素敵な友達が増えました。
そんなこんなで最近すごーく楽しい。
大厄の身にも楽しいことはたくさん降り積もるのです。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-07-10 22:26 | 今日ノ出来事


<< 「寝床」      探し物 >>