WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 30日

32歳かく語りき。

32歳になりました。
30歳過ぎてから、心持ちがそんなに変わらないです。
35歳になったら、変わりそうな気がしています。何となく。

若いねと言われる。
若く見えるねと言われる。
あと何年言ってもらえるだろうか。
一生に一度しか実験できない、面白い課題だなと思う。

31歳の1年間は、「プラマイゼロ」。
仕事でマイナス。プライベートでプラス。

仕事では本来しなくてもよさそうな苦労を、外圧で科せられてしまった感じ。
私は自分が引いたくじが貧乏くじなら文句は言わないけど、
他人が引いた貧乏くじに巻き添えを喰らうのは勘弁だ。
「一度は大会社の小さな歯車になってみたい」と思っていたが、
実際なってみると、こんなに居心地の悪いものかとがっかりした。
転職願望はすっかり消え失せた。
私は小さな会社で好き勝手に仕事をしている方が楽みたい。
自分が必要とされる場で、ベストパフォーマンスを発揮する、が理想の仕事の仕方。

プライベートでは、好きなことしてるし、あまりお金を気にせずに遊んでいるから、
これはかなり幸せな状況。
本格的に「趣味は旅行とカメラです」と言えるようになってきた。
実際はその単語だけだと伝わらない、おかしな「旅行とカメラ」なんだけど。
どこ行ったかな。北海道、伊勢熊野、神戸大阪、北陸。
近場のB級スポットとか、工場夜景とか産業遺産とか。
どこかに出掛ける計画を立てるたび、
「知らない日本がたくさんあるなぁ」と思い、また出掛けたくなる。
まだまだ日本は面白い。

そして、この1年での最大の自己革命は「ハウスシェア」。
といっても月に5日間程度しかいないし、今年の前半は3ヶ月ほとんど帰らなかった時期もあったけど。
基本、1人でいることが最大に楽だと思っている私が、
家族以外の人と一緒に住むなんて全く想像が付かなかったのだけど、
すごくふんわりした、楽ちんで、居心地の良いものでした。
それは同居人たちのキャラクターや、てんで自由な生活パターンに依るのだと思う。
なんとなくの空気感で成り立っている仲間たち。
誰とでも同じ生活が出来るとは思えない。

さて、32歳の展望は。

10月から仕事場が変わる(元に戻る)ので、新しい仕事を楽しむ。
ようやく鉄道から離れた仕事が出来そうです。
まさかこんなに鉄道の仕事を長くやるとは思っていなかったので、
鉄道グッズの会社の人から頼りにされたりするの本望じゃないのよね、
という状態からの脱却。良かった。
昔の商売みたいな、べったりした仕事とその関係性が嫌いだから。

そして遊ぶ。楽しむ。何をかは決めてない。漠然と。
どこかに行くのもそうだし、何か作ってみるとか。
例えば富士山に登るとか。
例えば船旅をしてみるとか。
例えば新しい演技を考えるもしくは妄想してみるとか。
例えばちょっとでいいのでスノーボードの腕を上げるとか。
例えば帽子を作ってみたいとか(近日から開始予定)。
例えば和裁に挑戦してみたいとか。
例えばキャベツ1玉で1週間暮らせる×2パターンのレシピとか。
いろいろ思いつくのはある。

展望を描くだに楽しそうだけど、実際は茨の道もあるのよね。
でも自分の引いた貧乏くじなら、仕方ないから仕方ない。
茨の道もバラが咲く道なら歩いても良いと思うし。

久しぶりに時間を掛けてゆっくり書きました。
ちなみに今会社です。勤務時間中です。てへ。
だって業務のほとんどを引き継いだ状態なので、暇なのさ。
出向終了まであと1ヶ月、何をせぇというくらいにやることがないのさ。
だから9月は休みを多く取ったのさ。

今日は名古屋高島屋でケーキを買って帰ることにする。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-08-30 17:20 | 今日ノ出来事


<< 東京さ、いぐだ      ヒトヤマコヘタ >>