2012年 04月 25日

息抜き

2日間本宅滞在。

1日目は昼間予定が無かったので、上野の東京国立博物館へ。
ボストン美術館展を見てきました。
たぶんこれは収集者の趣味嗜好なんだろうな、
全体的に似たような趣向の作品が多い気がした(別に悪い意味ではない)。
わりとまとまった感じの、端整な作風の。
まだ狩野派の山水画に惹かれない私はその辺は通り抜け。

その中でキラキラしていたのが、着物の展示。
ほとんどが能の衣装だったんだけど、一枚だけ武家の娘のものらしい振袖があって、
黒地に桜と楓の刺繍をポイントにあしらった、
振袖にしちゃ地味な構図だけど、まぁこれが大層素敵で。
やっぱり武家の娘の振袖ってこんな感じなんだよね、
お芝居やテレビで見るような豪勢な振袖や内掛けなんて、
ほんと一握りの女性しか身につけなかったよね、と。

あとは衣類の保存状態がとても良いことが印象的。
ボストンの気候のことはよく知らないが、日本ほど湿度が無いのだろうか。
大事に保管してくれたアメリカの学芸さんに感謝ものです。

さらに異彩を放っていたのが、この展示会のポスターのメインに据えられた、
蕭白の「雲龍図」。墨だけで描かれた、大きな襖絵です。
というか蕭白のコーナーだけがものすごいエネルギッシュだった。
迷いのない、のか、迷いを与えない筆遣いとか、大胆な構図とか、
なにかが匂う、そういう作品だらけ。
雲龍図とて、襖絵ということは部屋を仕切る壁として使われてたわけで、
その部屋ってどんな雰囲気なんだろうって考えるだけでニヤニヤします。
龍を閉じ込めた檻の中、みたいな感じなんかな。

何でもデジタルで情報を受け取りがちですが、
生のものを目の前にしたときの、いろんな想像って、
やっぱり足を運んでこそだなって思います。

続きまして。
がらっと変わりまして。

武道館でのTM Networkのライブに行ってきました。
半端な気持ちでチケット申し込みしたら取れちゃって。
そして半端な気持ちのまま行ってしまって、かなり微妙な心持ちで終了w
ウツの歌は衰え無く抜群に良かったし、
昔の良き時代の曲も多かったんだけど、
曲前後のアレンジをやり過ぎで曲の良さが飛んでしまってるし、
途中の音響ミスと思われるトラブルが実は演出というのは、どっちでもいい。
曲をいじりすぎたのはもちろんあの人なわけで。
なんというか、限界なんじゃね?と思いますが。
音響ミス?は演奏途中で音がぱつっと出なくなった。その後ゴタゴタ。
芝居にしてももうちょいまともにフォローしなさいよ舞台監督!って感じ。

TMはあと2年活動するらしい。ようなことが書いてあった。
気が乗ったら、また見に行きます。
たぶんというか絶対、私の一番好きな曲はライブでは聴けないんでしょうけど。

2日目。
朝方の地震で起床。やっぱり関東はこまめに揺れますね。
寝直した後、天気が良いので布団干しやら寝具関連全部洗い。

昼過ぎに踊りのお稽古に行き、帰ったら今度は衣替えと大掃除。
これで次帰って来たときに快適に過ごせる。
こんなに気に入ってる我が家なのに、なんで私はここに毎日暮らせないんだろうと、ふと思う。
まぁ、仕方ないこととして。

という2日間を過ごして名古屋に戻ります。
ささ明日からGW突っ走りますよ。
[PR]

by pocket-xiao | 2012-04-25 21:54 | 今日ノ出来事


<< 微妙な配役      出口 >>