2012年 06月 07日

奈良旅

b0024051_22294689.jpg

先日、奈良の吉野にある金峯山寺に行ってきました。
去年も同じ場所に行ったのですが、去年は桜を見たついでに、
改修工事中の本堂を見た、くらいでした。
今回は改修工事が終わり、その記念もあるのか、本尊を公開しているというので。

この本尊というのが、三体の青塗りの権現様。
JR東海の今年の奈良キャンペーンの主役なので、関東でもCM流れていたはず。
ポスターが本当に素晴らしくて、これは行かねば!と決意するに十分。
本当は桜の季節に行きたかったのですが、日程が合わず、新緑の時期に。

いやぁ、すばらしかった。
あまり極彩色の仏像にお目にかかる機会が無い、ということもあり、
憤怒の形相であんなに大きなものを初めて見たので、本当に圧倒されました。
だいたい大きな像って、大仏とか観音様みたいに、優しい顔してるから。
邪気を跡形なく祓ってくれるに違いない。
表情、色彩、サイズ、雰囲気、どれを取っても超一級品。
これだけ素晴らしいものを奈良の山深くでしか見られないとか、
それだけでもわくわくです。

宗論をするつもりは無い、という前置きをしますが、
仏教の、受容と威嚇を同居させてしまう部分は面白いと思います。
愛と慈しみを押し出した宗教の文化からしたら、
崇拝の対象がなんであんなに怒ってるの?って不思議だと思う。
怒っているのはその人にじゃなくて、その人の周りや内面の悪いものにだよ、
って説明して、理解してもらえるのかな。

ちなみに私は以前は半伽思惟像みたいな、柔らかい仏像が好きでしたが、
最近は持国天像の威嚇にばかな惚れようです。
どこの四天王の持国天も、例外なくかっこいい。
歳ですかね、これは。
今の人生の様相、ですかね。

この日はゆっくり吉野山を散策しようと思ったのですが、ものすごい雷で。
諦めて橿原神宮、薬師寺と奈良の神社仏閣めぐりとしました。
薬師寺でまた雷と遭遇しちゃったんですけどね。
薬師寺の三尊像も良かった。
何年か前に東京で薬師寺展を見たときと同じく、
私はやっぱり月光像にひかれました。

文化的な女子的な一日。
だと思う。
[PR]

by pocket-xiao | 2012-06-07 22:29 | 今日ノ出来事


<< 思い出したように見る程度ながら      面接がんばれ >>