2012年 06月 14日

思い出したように見る程度ながら

NHKの「タイムスクープハンター」という番組は良く出来ていると思う。
要潤扮する未来の人が、日本のいろんな時代にタイムスリップして、
その様子をリポートする、という、いかにもNHK的な、
若干前時代的な番組ではあるのだけど。

何が良く出来ているかって、「言葉」がね。
タイムスリップした先の、その時代のその地方の言葉が、
再現しうる限りできちんと話されていること。
ゆえに、日本語なのに字幕が出る。

それが本当かなんて、誰も分からないんだから、
普通の時代劇みたいに、現代語でやったって何の文句もないのに。
以前、九州の防人のリポートの時(たぶん戦国後期)に、
その防人たちの言葉が、ほとんどヒアリングできないような単語やイントネーションで、
でも「あぁ、昔の美しく聞こえそうな大和言葉だなぁ」って思って。
それに感心してから、一目置くようになった次第。
台本書いている人も、演じてる役者さんも、大したもんです。

あと、セットや衣装が汚い、というか、生活感がきちんと出ているところ。
ぬかるんだ道とか、ボロボロの着物とか、ボサボサの髪とか、
たぶん昔の庶民はこんな感じなんだろうな、って、人間臭さが見える。
最近のNHK時代劇ならではの、古臭い演出。

しかも1回毎にテーマが違うので、
気が向いたときに気楽に見られるのが良い。
こういう「日本の昔」のきちんとした表現方法があるんだね、って、
良い提案をしてくれる番組です。
[PR]

by pocket-xiao | 2012-06-14 23:29 | いとし、しほらし、かはいらし


<< 後出し      奈良旅 >>