2005年 07月 05日

少しばかり背伸びを

まとまった時間で休憩が取れたので、少し出歩くことに。
一番近いのは六本木、汐留もすぐだけど、
今日は銀座にしよう。

三越の地下のお菓子売り場を眺めてから、
地上に出て自然と足が向いたのが、伊東屋。
文房具屋なのに和雑貨が充実しているので、
私には一軒で二度美味しいお店。
思い出して友達へのプレゼントを買う。

少し遠回りをして、一緒に仕事の研修を受けた人が働いているお店に立ち寄る。
しばらく立ち話。元気そう。

歌舞伎座の横を通って思い出した。
そういえば、今年の七月興業には行かないことにしたんだっけ。
七年連続で七月興業は欠かさず見ていたのに。
いつも七月に出ている好きな役者が、今年は出ていない。
だから、行かない。

考えてみると、銀座に行くのは歌舞伎とかお芝居を見るから、っていうのが一番の理由。
初めて銀座に行ったのも、そうだった。
その時の銀座の印象は「背伸びをしている街だなぁ」。
外国に憧れていた昔の日本人が、
精一杯背伸びをして作った街。
そこには、背伸びをしたいたくさんの人が集まった。
私もきっとその一人。

帰りがけにもう一度、三越のお菓子売り場。
これは銀座での必須行為だから!
明日のおやつを買った。

また来よう。
[PR]

by pocket-xiao | 2005-07-05 01:15 | 今日ノ出来事


<< 思ヒ出シ笑ヒ      mucical "b... >>