2005年 07月 30日

表現者って

先日、テレビで久石譲と草野仁の対談をやっていた。
対談自体はそんなによく聞いてなかったのですが、
「あまり人前とかカメラの前で弾くのは得意じゃないんですけどね」
とはにかんでからの氏のピアノ演奏がとても印象に残った。

弾いていたのは「ハウルの動く城」のテーマ曲。
オリジナルの、いかにも劇画用な編曲のものとは違い、
ピアノの音だけで表現された「人生はオルゴール」は
たいそう大人びた曲に聞こえました。

というのはあくまでも余談で、
それを見て、聞いて何を思ったかというとですね、

心から音が出ているように聞こえたのですよ。

決して感情的に、とか陶酔してピアノを弾いていたわけではないです。
むしろ淡々と、という印象。
でも、ただ音符をなぞっているだけじゃない。
テクニックだけでもない。
としたら、そこにあるのはやはり気持ち、とかココロと呼ばれるものなのかもしれない。。。

いままでもそういうタイプの表現者を
少ないながらも何人か見てきましたが、
演奏家は初めてです。

対談の中で氏は「自分は演奏家ではなくクリエイターだ」
と繰り返していた。
そりゃもう、クリエイターとしての氏は世界が認める存在なわけで。
でも、演奏家、表現者としてももっと大きな存在になってもいい気がしました。

久しぶりに音楽を聞いて良い心持ちになった瞬間でした。
[PR]

by pocket-xiao | 2005-07-30 12:42 | 今日ノ出来事


<< 新陳代謝      困ったな >>