WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 25日

神様とか天使とか

先日のステージ後の打ち上げ。

手品界では仙人のような存在(見た目もね・・・)の方とお話をする。
その方は「二足のわらじをはく若手女性マジシャン」をよく応援してくれ、
おかげで日本ではそういう女性の存在が増えました。
またの名を「火付け役」「焚き付け役」「けしかけ役」。
長年の経験や見てきたものから、
どきっとするような的確な感想をくれる、貴重な存在です。

その方から言われ、
胸がじぃぃんと熱くなった、言葉。

「あなたにはきっと手品の神様がついてるんだから
自分を前に出して、ちゃんとやらなきゃなぁ」

私は「手品の神様」を信じています。
 
 大学のサークル時代、先輩からその存在を教えられました。
  普段、ミスの多い人が本番で大成功!なんてときは
  「神が降りた!手品の神が!」というように。
  (ま、悪魔が降りるときもあるわけですが・・・)
  ちなみにうちのサークルは「舞台の神様」も大事にしていて、
  演技後、暗転してから3歩下がって礼をするのですが、
  舞台の神様に対する礼儀だと、教えられました。
  私は今でもこれを欠かさずにやっています。

大きな舞台に立つようになってから、出番直前に心の中で唱えるようになりました。

「手品の神様、どうか今から8分間、私に時間をください
私と、私を見てくれるみなさんが、どうか幸せになれますように」

私の演技は、幸せであること、幸せになることが一番です。
そのための時間を、許してもらうのです。

私の演技をよく見てくれるある方が言うには、「天使が降りるよね」。
その人的には、演技中の私は人間っぽくないらしい・・・?
天使とかシャーマンとか、ちょっと人間を超えた何かが・・・?
シャ-マニズム、ってのは実は結構おもしろいキャラテーマかなぁ、
なんだか魅力を感じます。

ふぅ。結局1ステージを語るのに3回もかかったよ。
久しぶりに手品について思っていることの多くを書けたかな。

関係無いけど・・・台風接近中!
[PR]

by pocket-xiao | 2005-08-25 23:55 | 今日ノ出来事


<< hand-madeのタイミング      復活の裏側 >>