WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2004年 09月 25日

てじなてじな・1

そろそろ手品についても何か書いたほうがいいのかなぁ?
一応「それなりにやってる」ワケですし・・・。

私と手品の出会いは・・・保育園の遠足の時に、
当時ニイガタケンに唯一あった動物園に行って、
そこでお昼を食べながら見たマジックショー、これが初めてです。

2人の男性が、銀色の筒の中から
花やハンカチ、水風船なんかをたくさん出していました。
鮮明に覚えていまして・・・
なぜかというと。
スーパーつまんなかった!からです。
というか、「何かシカケがあるに違いない」と思ったんですね。
ヤな子供ですね、マッタク。
なので、私にとっての手品の第一印象は、最悪、もうサイアク!・・・なのでした。

高校の演芸マニア時代を経て(これについてはまた後日言い訳しましょう。。。)
オチケン(落語研究会)に入りたかった私でしたが、
S大にはオチケンがなく、何故かマジシャンズクラブがありました・・・おかしいだろ。
な-んか他にやりたいの無いし、まぁ、いいかぁ。
というわけで、メデタク入部。

もちろん、小さい頃に見た(「今も小さいじゃん」って言うなよぉ)
あのツマンナイ手品が頭をよぎりました・・・。
でも、歓迎ステージで見た先輩達の「学生マジック」を見たら、
「おぉ?なんかカッコよさげだぞぉ!!」
・・・はまりました。スゴク、はまりました。

この時のはまりっぷりが、後々、
手品を続けていく上で大変な障害になるわけですが・・・。

てじなてじな・1・・・完   
[PR]

by pocket-xiao | 2004-09-25 01:16 | 雑言タハゴト


<< てじなてじな・2      梨園シリーズ3:市川段治郎 >>