2005年 11月 28日

不自然な黒

ある日電車に乗っていたときのこと。
私はぎりぎり届く吊革につかまって立っていまして、
前には壮年の男性が座っておりました。
別になんてことの無い、日常です。

が。
ん?なんか変だよ、このおじさんの頭。
黒くて髪の毛があるように見えるのだけど、
よく見ると頭を黒く塗っているじゃないのよ?
実はほとんど地毛が無いご様子。
うむ・・・粉っぽくなってますけど。

そういう商品があることは、
深夜のテレビショッピング好きな私が知らないはずもなく、
でも、これって確か
「髪の毛が薄い部分に、
黒い繊維状のものを付着させて
髪の毛を多く見せる」
っていうものじゃなかったかな。
頭に塗るものじゃないと思うのだけど。
しかも生え際(を演出している)部分はやたらパキッとしていて
まさにデューク・トウゴウな感じです。

それに気がついた瞬間、
見てはいけないものを見てしまった気になりました。
「わ、ごめんなさい!見てしまいました!」です。
私の目線が低いせいでよーく見えるのですよ、これがまた。

待てよ。もしかしたら、そのおじさんが使っていたものは
私が知っているタイプのものじゃなく、
本当にそういう用途の黒いものなのかな。
え、でも、洗うと落ちるんだよね、やっぱり。
ていうか、突然の雨には対応できるのかな。
ウォータープルーフ?
そりゃ洗いにくそうだ。
[PR]

by pocket-xiao | 2005-11-28 01:56 | 雑言タハゴト


<< 白飯の食べ方      政府要人来る >>