2004年 09月 30日

てじなてじな5(とりあえず完結!)

なんだか私が手品が嫌いなような印象で、終わってしまっていた気が。

たぶん、嫌いではないのです。
もしそうだったら、ほんとうにその世界から逃げたでしょう。
手品以上に好きなものはたくさんあります。
でも。
手品以上に嫌いなものも、たくさんあるわけで。

私は、たくさんの選択肢がある自己表現の手段のひとつとして、
「手品」を選んだ、選んでしまった?
そのことには、責任を持とうじゃないの!

4でもちょろっと書いた通り、
今の自分は、
「こーんな手品やる人もいるんですよぉ!」って
宣伝してまわっているようなものです。
その結果が、プライズとか、そういうものになることは
もちろん嬉しいことですが、それを盾にするつもりはありません。

今は、手品が本当に好きで、一生懸命やっている、
私よりももっと若い人達が多く出てきています。
きっぱり引退するつもりもありませんがw、
彼らを先に通してあげないことには・・・ねぇ。

これからどんな展開をしていくかは、
自分にもよく分からないのですが。
私の手品を気に入ってくれる、ありがたーい方々がいる限りは、
舞台で笑っていられるんじゃないでしょうか。
これだけは間違いなく。
[PR]

by pocket-xiao | 2004-09-30 15:20 | 雑言タハゴト


<< The Eccentric O...      へくしっ >>