WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 28日

moments

浜崎あゆみの曲のタイトルです。
確か一昨年の紅白で歌った曲だったかと。
歌詞が好きでね。
歌詞を追いながら聞いた時、なんかすごく、じぃんと迫るものがあった。

細かい単語や助詞は違うかもしれないけど、だいたいこんな内容。

花のように はかないのなら
君の元で 咲き誇るでしょう
そして 笑顔見届けた後 
ひとり そっと 散っていくでしょう

鳥のように はばたけるなら
君の元に 飛んでいくでしょう
そして 傷を負ったその背に
僕の羽根を 差し出すでしょう

雲のように 流れ行くなら
君の元に たどり着くでしょう
月のように 輝けるなら
君を照らし続けるでしょう

・・・と。
こんなにも「君」を想える「僕」を
私はとても素晴らしいと思う。
そして、こんなにも「僕」に想われている「君」を
私はとても羨ましく思う。

この曲の結びの歌詞はこう。

もし 君がこれ以上
二度と怖いものを見なくてすむのなら
僕は 何にでもなろう

自己犠牲は何か特別な力を生むと思う。
ここまで思える「僕」は、やっぱり素敵だ。

私が浜崎あゆみを聴くのは、
こういう「僕」が彼女の書く歌詞にたくさん出てくるから。
真似はできないけど、とても羨ましく思うから。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-02-28 19:58 | 今日ノ出来事


<< 怪奇現象!?      道草がち >>