2006年 03月 12日

血は争えないのね

以前、ヨーグルトを家で作っていたことがありました。
カスピ海とかじゃなくて、普通のプレーンヨーグルトから作るの。

・・・ま、どうでもいいですがhow to make.
牛乳を人肌よりちょい温かめ、38-40度に温めます。
そこに牛乳の1割の量のプレーンヨーグルトを加えて、混ぜます。
それを約6時間、温めたままの温度一定になるように保存すると、
ヨーグルトができるのですよ。
ちょっとゆるいですが、酸っぱさのおさえられた食べやすいものができます。
温めたままの温度を保つのは、私は小さなマホービンを使いました。
冬場なら混ぜた容器ごとコタツに入れとくと良い、らしいです。夏はどうすんだ?

その手作りヨーグルトとタイトルと何の関係があるかというとですね。

あるとき、冷蔵庫のヨーグルトを食べたら、必要以上に酸っぱかったんですよ。
ちょっととろみもついたりなんかしてて。
えぇ、明らかに「ヤバイ」感じで。

当時中学生の私は思いました。
「このヨーグルトはもう食べられそうにないけど、
菌は菌だから、このヨーグルトで新しいヨーグルトを作ったら
それは普通に食べられるものになるんじゃないか?」

で、実際に作ってみました。
できたヨーグルトを混ぜてみたら、なんかね、とろみが・・・。
食べてみたら、「・・・酸っぱい」。

「腐ったヨーグルトで作ったヨーグルトは
新しくても、腐っている」

それが最後の自家製ヨーグルトでした・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-03-12 00:10 | 雑言タハゴト


<< 超体育会系上司      新築一戸建 >>