2006年 03月 16日

手品関係者なら笑える、と思う。

ある朝のこと。
開店準備のために、前の晩閉めたレジのセッティングをしようと、
レジを開けました。

普段、お釣りとして出すにはしのびないお金を
(汚い、削れてる、曲がっている、見た目が似た外貨も結構多い)
レジ内の開いたスペースに避けて置いておくのですが、
その朝、そこには10円玉が1枚入っていました。 

 ん?見た目綺麗だけど?
 なんでこれが避けてあるの?

と思って、その10円玉を手に取りました。

こ、これはっ! 


シェル!


そう、それは10円のシェル。珍しい。
かなりよくできてます。

そいつがシェルだとわかった時、いろんなことを考えました。

①誰だよ!?
①これは私に対する挑戦かよ?(←それはないって)
②これが財布からなくなったことに気がついた「ユーザー」は
さぞかしがっかりしていることだろう。
④私だからシェルだって気がついたけど
これを避けたスタッフは、これを見てなんとおもったのだろう。
「偽造硬貨」と思ったんだろうね、きっと。

とりあえず没収!(←店長権限)
[PR]

by pocket-xiao | 2006-03-16 00:40 | 雑言タハゴト


<< "classic&q...      超体育会系上司 >>