2006年 09月 12日

そりゃ年くえば嗜好も変わる

L'arc~en~cielが15枚もシングルを出したおかげで
チャート番組の上位がラルクだらけになってますけども。

ラルク全盛期は私が大学2年生のときだったかと思います。
当時は結構好きで聴いていた覚えがあります。
それから7年ぐらい経ったわけですが・・・
時間の流れか、私の経験値の積み重ねか(←・・・?)
前は「良いなぁ、好きだなぁ」と思っていた曲が
「うーん・・・?」という受け止め方になっていました。

私はラルクの暗ーい感じの歌が結構好きでした。
「花葬」「forbidden lover」「finale」など。
こういうぬめーっとした、ひんやりとした曲を
好んで良く聴いていた時期がありました。
今も、確かにいいとは思いますが・・・好んでは聴かないな、という感じ。
どっちかというと、まさに一般受けした
「HONEY」や「DIVE TO BLUE」の方が今は良いと感じます。
特に「HONEY」は改めて聴くと、かなりいい曲ですな。

この頃のPVをまとめて見ましたが、
メンバー全員「何食ってるんだよ?」ってぐらい病的。
特にhydeは女の生き血でも吸ってるんじゃないかと思うくらい。
PV自体、同じ演出家の趣味だと思うけど暗いの多いし。
「人気の少ない北欧の田舎の風景にたたずむ一人の女」
がいろんなところに出てきている気がする。

7年前、「piecies」が一番好きでした。

  ねぇ 遠い日に恋をしたあの人も
  うららかなこの季節
  愛する人と 今 感じているかな

今はごく普通に、何も思わずに聴く程度、ですね。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-09-12 00:16 | 雑言タハゴト


<< 3年目の~♪      最近どうも >>