2006年 10月 13日

一目惚れ

3年ぶりか4年ぶりくらいに映画館に映画を見に行きました。
以前書いたことがあるように、「影にお金は払えねぇ」という思想のもと、
ほとんど映画館には足を運ばないのですが、
今日はどうしても3時間ほどの時間をつぶさなければならなくて
たまたま近くに映画館があったので、入りました。

見る映画には、迷いませんでした。

  LADY IN THE WATER

シックスセンスやビレッジの監督、ナイト・シャマランの新作ですね。
(・・・とかいってー、実はーどっちもー見たこと無いー)
何でこれを選んだかというとですね、
公開前CMの映像に一目惚れしたからなんですよ。
ポスターにもなっている、この絵です↓。
(チラシを写メで撮っているので、色合いが上手く出ないけども・・・)

b0024051_23424516.jpg


この目の深さにぐーっと吸い込まれる感じ。
タイトルから
「きっとこの少女は水の中にいて、
この世の中の何かを見つめているんだなぁ」
という感じで、ものすごく深いものを感じたわけですよ。

で、まぁ実際の映画は、どうやら結構叩かれているみたいですが・・・。
それも分かる気もしますね。なんか、あまり内容が無かったもんな。
内容が無い、というか、はしょり過ぎてぼやけている感じ。
2時間の映画だったのだけど、3時間ぐらいにして
もっとよく人物や物事について書き込んでほしかった。
映像とかカメラワークとかってのは、結構ツボだったんだけど。

この写真の「レディ」(ブライス・ダラス・ハワード)の
妖精っぽい雰囲気がとても良かった。
彼女は水の妖精ゆえに、ずっとシャワールームに座り込んで
水を浴びているんだけど、その日常(シャワールーム)の中にある
非日常(女の子が座り込んでいる)の光景が、とても綺麗だった。

一枚の絵に惹かれることなんて普段無いから、
映画自体どうの、というよりも、
この妖精に出会えたことが、とても嬉しかった。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-10-13 00:33 | 今日ノ出来事


<< 大好きだ      縁起かつぎみたいな >>