2006年 12月 16日

AUGUSTAにはまる 巻1

スキマスイッチのアルバム「夕風ブレンド」を買いました。
「アカツキの詩」のPVが欲しかったので、初回限定版を探した。

相変わらずスキマスイッチは良い!

歌詞も曲も心にストンと落ちてくるし、
時にはストレートに心をえぐられそうになったりもする。
こんなに言葉に感情的な男性アーチストはなかなか、他にいないと思います。
ただ、歌詞が口語だから歌詞カードはちょっと読みにくい。
・・・ここと一緒だぁ。

去年は「全力少年」が自転車ソング大賞(←そんなのあったか?)でしたが
今年もスキマの「ガラナ」が自転車ソング大賞に輝きそうです。
基本的に車社会な青森では、暗くなってから自転車に乗る人がほとんどいないので
仕事帰りは歌い放題ですw
ってほど歌ってませんが、自転車が早くこげそうな歌、ということで。

「ガラナ」。劇的に前向きな歌。
(私には珍しく、表記は歌詞カードそのままです)

  成功の影にいつだって憂いはつきものってもんだ
  昨日と今日が雨ならば明日はきっと晴れ渡るや
  二の足を踏んでちゃ無理だって脳ミソでは解っているのだ
  結果ばっか考えなくていいや この想いよ曇るな!

  完成した愛の延長線上には栄光と希望に満ちた楽園がある
  追い求めた理想を現実に変えていくんだ
  ビビるんじゃねーぞ エンジン全開だ!

  肝心なことが何かって心臓の奥に問い質して
  一歩前に踏み出したら今しかないぜ、叫ぶんだ!
  最高潮の恋は熱く実って君の中で弾けんだ
  カッコなんかもうどうだっていいや この想いを止めるな!
                        この想いよ、負けるな!

「昨日と今日が雨ならば明日はきっと晴れ渡るや」
というフレーズが、ありきたりながら、良い。
本当にそんな気がしてくるから。

いちばんぐっときた部分は、フレーズではなくて言葉なのだけど、
「問い質す(といただす)」。
今日びあまり聞かない、武士言葉のような硬い言葉。
それがあっさりと歌詞として出てきてしまっていて、
しかもすごい説得力を持ってね。
だから「心臓の奥に問い質す」って、すごい意思の強さを感じるわけです。

「ボクノート」。言わずと知れた、あのアニメの曲。

  何をしても続かない子供の頃の僕は
  「これぞってモノ」って聞かれても答えに困っていた
  そんな僕にでも与えられたものがあるというのなら
  迷い立ち止まった自分自身も信じていたいな

これは子供の頃だけじゃなくて、今も私はそう。
「これぞってモノ」を聞かれると、困ってしまう。
「これだ」って、自分で自慢できることが無いから、困ってしまう。
それでも毎日楽しく生きているんだから、
せめてそれだけは守って、続けていたいと思ったりする。

来年のツアーのプレリザーブ申し込んだ。
当たれー!
[PR]

by pocket-xiao | 2006-12-16 00:20 | いとし、しほらし、かはいらし


<< AUGUSTAにはまる 巻2      カラコンほしぃ >>