WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 29日

実はフィギュア好き(あえて誤解を招いてみる)

昨夜の、フィギュアスケートの全日本グランプリを途中からですが見ました。

今シーズンも、浅田真央はやっぱり素敵でした。
去年のグランプリファイナルのフリー、それはそれは素晴らしい演技で、
めちゃくちゃ感動したものでした。
この子はスケートが好きなんだなぁ、楽しいんだろうなぁ、というのが
全身からワーッと溢れていて、もちろん点数も高かったでしょうが、
非常に好感度の高い演技でした。
ロシアのスルツカヤの技術のパーフェクトさも文句無しでしたが、
心を打ったのは、浅田真央の演技でした。

そんな事があったので、
それ以上の演技はもう見ることがないだろうと勝手に思ってましたが、
昨日のショートも本当に、素晴らしいものでした。
ショパンの「ノクターン」に乗せて滑る、おそらくとても難しい演技で、
初めて曲負けしていなかった。
この曲を選んだのが本人なのかコーチなのかは知りませんが、
「この曲ならこんな風に滑りたい」という理想を100%叶えたんじゃないかな、と思ってしまうほど。
浅田真央なら100%以上があるかもしれないけど。

実況のアナウンサーが
「音楽室をそっとのぞいて、ピアノの上を妖精が踊っているのを垣間見たような」
と言っていたのが印象に残りました。
本当にそんな感じでしたから。

昨日は中野友加里も良かった。
スケーターとしては浅田真央より好きなので、高得点は嬉しい。
細かい部分ですが、ジャンプの後の着氷が綺麗。
水滴が落ちて水紋が広がるような感じ。
去年のドン・キホーテも良かったけど、今年のSAYURIも素敵です。
どうしても4番手ぐらいに数えられがちですが、
真に実力があるのは中野友加里だと思ってます。

別の意味で見入ってしまったのが、高橋大輔のフリー。
こういう言葉は相応しくはないかもしれないけど、
「悪魔に魂を売った」んじゃないかと思えるほど、
命を削った演技のように、私には見えました。
あれでは2位以下に大差がついても仕方ない気がします。

男子はフランスのスケーターで注目されている人がいるらしく、
この間のグランプリファイナルで見ました。
007のテーマで滑っているのだけど、
右手に白い手袋、左手に黒い手袋をはめていて、
一見バランス悪いんだけど、これで銃を構えるポーズをすると、
黒手袋が銃にリアルに見立てられて、衣装デザイナーの工夫に感心しました。

スケートの実況や解説は、シンクロと違って荒探し少ないから健全な印象。
だから結構よく見てます。

一度ライブで見に行ってみたい。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-12-29 13:27 | 今日ノ出来事


<< 現在地:新潟駅      2006・年末大感謝祭! >>