2007年 01月 30日

どろどろ・・・な。

平井堅の「哀歌(エレジー)」がいい。
歌もテーマもすっごい暗いんだけど、PVもちょー暗いんだけど、いい。
なんたって「アイルケ」のテーマ曲だもんね・・・そりゃ暗いよ。

 って、「愛の流刑地」よく知りません。
 不倫→殺人の話だってことぐらいしか、知りません。
 ・・・それが全てなのか?

 寺島しのぶは「脱いでくれる女優」みたいなイメージが着いてしまったような。
 他にも舞台とか、映画もたくさんいい役で出てる(らしい)けど、
 クローズアップされるのは「そういう作品」ばかり。
 「ヌード?あぁ、寺島しのぶならやるんじゃない?」
 みたいな役回りにはなってほしくないものです。
 ちなみに「R30」(深夜のトーク番組。国分君とか出てるやつ)で本人が言ってましたが、
 各作品劇中のベッドシーンは、本人の意思で、本当にやっているらしいです。
 それを女優魂と呼ぶのかは、何とも言えないところ。

「哀歌」ね。
映画のテーマにあわせて書いた曲らしい。
「救いようのない、どん底のような曲」と本人が語るように、
本当に救いようのない、というか「どーでもいい・・・(呆)」という内容w
だって、

  その手で
  その手で
  その手で
  私を汚して
  何度も
  何度も
  私を 壊して
  いつか滅びゆくこの体ならば
  蝕まれたい あなたの愛で

だよ?

平井堅は最近「どーしちゃったの?」というような明るい曲が多かったけど、
で、まぁ、それももちろんいいのだけど、
「miracle」(←一番好き)みたいな、地を這うような、じわーっとくる曲もやっぱりいい。

本人的には
「汚してぇぇぇぇぇ」の絶唱は相当疲れるらしいw
[PR]

by pocket-xiao | 2007-01-30 00:16 | 雑言タハゴト


<< 偽装されてた!      ホンモノの”鉄”に会う >>