2007年 03月 20日

身だしなみのススメ

身だしなみについて思うこと。

身だしなみは、「自分をきちんと見せること」であって、
例えばそれはTPOだったり、会う相手によったり、着ているものによったり、
同性の友達と遊ぶのか、デートなのか、商談なのか
いろんな外的な、内的な要因が絡むことだと思います。

まず「自分をきちんと見せること」があって、次は
「相手に印象付ける、存在感を示す」ための身だしなみだと思ってます。

私がここ3年ほど、髪の毛をとても短くしてパリパリにしているのは、
そうすることで、「相手に与える印象を強くできる」
という手ごたえを感じているからなのです。
良くも、悪くも「なんだコイツ?」と思ってもらえるからです。
人と接する、特にビジネス上で人と接する時は、
相手だって何人もの人にあって、誰が誰やら、という状況だと思うので
少しでも印象に残る自分でいたいな、と思うわけです。

ただでさえ、背が小さくて派手な顔作りではない私なので
外見で自分を印象付けるポイントがあるとすれば、
髪型、着るもの、メガネ、ぐらいなもの。

「着るもの」というのがこれまた難しい。
私には「どうしても似合わない!」デザイン、色があります。
UネックやVネックなど、首や鎖骨が本来ならば綺麗に見える襟ぐりの服が
何度トライしても、似合わないのです。
首が長いのかな、肩とのバランスが悪いのかな、
びっくりするくらい似合いません。
そして、白やベージュ、パステル系の爽やかな色が、
これまたびっくりするくらい似合いません。
Yシャツなら、まだ見られる。
ああいう色味の服は、目鼻立ちがくっきりした人はよく似合う。
この時点で、女性らしい服の7割がた、似合わないことになってしまうのです。

ただ、そこに意気消沈しても似合わないものはどうしようもないので
「これは自信があるぜ!」というところをつきつめることを
ここ2年ほどは、意識しています。
パンツスーツをかっこよく着ることには、髪型を含めてちょっと自信あり。
だから、スーツも、高くなくてもちょっとお洒落なものを、
シャツも、なるべく男っぽい、仕立ての良いものを、
時に合わせて着るようにしています。

一応ね、一応少しは身だしなみを気にしている自分なので、
他の人に対して気なることもあるわけです。
特に「スーツ」「シャツ」という同じ記号を持った男性諸君。
ただ、男性にはネクタイという武器があるから、ずるい。

大学を卒業してからOB達に会うと、
現役時代はそんなに服に気を遣っていなかったような方々が、
今はすごくおしゃれなシャツやネクタイをしているのを見ると、
「あぁ、こういう部分もあるんだねぇ」なんて思います。
ま、合コン用か何か知りませんけどw、
そういう目的でも何でもいいので、おしゃれなものを身に着けることは、
「自分に手をかけてるんだな」という、好印象を与えます。

私はかつて、無精ひげで出勤してきた営業マンに
「それ、営業としてどうかと思います」とはっきり言ったこともあるし
しわしわのシャツを着て出勤してきた営業マンに
「それ、営業としてどうかと思います」とはっきり言った・・・これ、同一人物だけど。
身だしなみで、相手への説得力が断然違うと思うわけですよ。
物なり、サービスなりを売る仕事は、
それを扱う人もワンパッケージで商品!だと思うのです。
買う方は、物やサービスと同じくらい、それを扱う「人」を買うのです。

だから、人も、「綺麗な商品」のように「魅力的なサービス」のように、
買ってもらえるようにちゃんとラッピングをしないと。
買った後も大事にされるように、ラッピングを変えて楽しませないと。
それが身だしなみ、なんじゃないかと思うのです。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-20 00:18 | 雑言タハゴト


<< やっつけ仕事人、青森へ      休日出勤 >>