2007年 03月 22日

やっつけ仕事人、青森へ

仕事で2日間、青森へ行きました。
去年担当した現場の、お手伝いです。
21日から新しい企画展が始まるので、現場もいろいろ模様替え。

「本社から人が来る」なんていうと、煙たがられそうなものですが、
今のところ、歓迎してもらえるから嬉しい。
現場のスタッフだけじゃなく、県の職員さんからも警備員のおじさんからも
出入りの地元の業者さんからも
「来てくれたんだね!」と声をかけてもらい、
なんてあったかーい職場なんだろうと、感激。

20日は、新しい商品がどっかり入ってきたので、ひたすらやっつける。 
絵葉書の袋詰め、シール貼り。600枚を1人でクリア。約1時間強。
こういう地味な仕事は結構好き。
そして久しぶりに店頭で接客。やっぱり自分は現場が好き、向いてる。
レジ打ちの速度もあまり衰えてなかったので安心。
これで次の横須賀の現場でも、ちゃんと教えられそう。
遅くまで準備をし、夜11頃ホテルにチェックイン。
事前に調べなかった私が悪かったのですが、
部屋でLANが使えず、へこむ。フテ寝。

21日、昨日の続きで、まだばたばた。
お昼頃にようやく片付き、スタッフにも余裕が出てきた。
この日のお昼ご飯は、近所の食堂で売ってる250円のカレー弁当。
250円といえども、普通にお腹が満たされる量のご飯とルーで、
しかもエビフライが2本も乗っている。超お得。
他にも300円のカツ丼、150円の炒飯、100円のから揚げ(6個ぐらい)など、
東京ではありえない値段でお昼ごはんが食べられる、ステキすぎます。
「津軽の味 食堂部」→通称「津軽食堂」→さらに通称「つがる」。
隠れたグルメスポットです。

昼ごはんの後、この日から開催の「工藤甲人展」を見る。
青森出身在住の日本画家、現在90歳を過ぎてご健勝。
今まで2作ほどしか見たことがなかったのですが、今回は70作ほどの展示。
私はこの仕事をしていながら、実は、絵画鑑賞趣味、というのが無いのですが
(どっちかというと博物館でものの展示方法を見るのが好きなので)
工藤画伯の作品には鳥肌が立ちました。感激ものです。
黒・青・緑・朱がとても独特で綺麗。
そして女の人がとにかく綺麗。目、表情の凛々しさにドキッとします。
勢いで図録を購入。

6時まで仕事、その後、副店長とその彼氏と一緒にご飯。
そのまま空港まで送ってもらえた。
11時頃帰宅。ふー・・・疲れた・・・。

疲れたけども、2日間現場でリハビリをした感じ。
現場の感覚を失っては、新しい現場を作れるはずが無い。
どんなお客様が何を見ていて、何を手にとって、何を買うのか、
どれくらいの時間滞在するのか、どういう順序で見ているか、
どういう会話をしているのか、そこから拾える情報はないのか、
気にしなければならないこと、現場にはたくさんのヒントが落ちている。

明日からはまた、新しい現場2箇所分の仕事。
少し新鮮な気分で仕事ができそうな気がする。行って良かった。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-22 01:35 | 今日ノ出来事


<< 権利行使      身だしなみのススメ >>