2007年 03月 27日

続・権利行使

今日郵便局に立ち寄ったら、
都知事選の候補者のマニフェストを刷ったものが置いてあったので、
外出の電車の中の暇つぶしにでも、と思って手に取った。
ざっと、読んでみた。

ん?ん?なんだこりゃ。

候補者から提出されたものをそのまま転載したものらしい。
書式も縦横ばらばらで、手書きのもの、顔写真のないもの、
文字が多いもの、少ないもの、読みやすいもの、読みにくいもの。
なんだか中学生の文集とか、同人誌の後書きのような感じ。
個性といえば、個性なのか???

ぱっと見て好印象なのは、やはり有力候補の2(3?)人だけ。
あとは、ぱっと見ただけじゃ興味のわかないもの、
小さな文字ばかりで読む気のしないもの、顔写真の怖い人w、等。
こういうのってそういう「ぱっと見」がすごく大事だと思うのですが、
その辺の有権者心理、無視ですか。ふぅん。

内容を読んでみる。
う”-ん。う”-ん。う”-ん・・・。
なんだか皆さん、公約ばかりたくさん掲げてますが、大丈夫ですか?
本当にできますか?やってくれますか?
公約とも言いがたいような、理想や夢も、これまた多い。
理想や夢を語るのは大いに結構だと思いますが、
現実に直結しない理想や夢を政治に持ち込むのは、いかがなものかと。
都知事の理想や夢だけで、東京都を動かしてほしくない。
責任を持ってできること、やりとげられることだけを、
ひとつでもいいので、やってほしいのです。

そしてほとんどの候補が、現状に対しての非難があまりにも下品で嫌。
非難するのはいいですよ。非難はあってしかるべし。政治だもの。
でも、その論点や言葉が攻撃的過ぎて、下品に思える。
ネットでよく見かける不快な書き込みが、そのまま活字になったようなもの。
もっと頭の良い非難の仕方はないものなのか、とか思っちゃう。

このマニフェスト一覧ではいまいち、候補者の良さが拾えなかった。
まぁ、ある意味「明暗くっきり」だけど・・・。
次は何を見ようかしら。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-27 00:48 | 雑言タハゴト


<< 東京午前零時      さよなら、さくら >>