2007年 05月 09日

根っからパフォーマー

先日、仕事場で「前首相」を見ました。
オープニングレセプションに出席するために来ていたようです。地元だし。
未だかつて無い物々しい警備。うろうろする黒服SP。
現役だったらもっとすごいんだろうね。

そんな中、当人はトレードマークのライオンへアーにグレーのスーツ、
海を意識したのか綺麗な青のネクタイをしめて登場。
50メートルほど、前庭のアプローチを登って来ました。
その日は天気がとても良く、前庭から海を臨む景色も綺麗で、
それに対して感想を言っていたのか、
大きなジェスチャーをしながら歩いていました。

あぁ、この人の存在感ってこれなんだな、と思った瞬間。

そんなに体格の良い人ではない。
小兵、だと思う(←お前が言うな)。
そんな彼が、短命政権が当たり前になっているこのご時勢に
思いのほか長いこと一国の首相足りえたのは、
言葉、話し方、身振り手振りにパワーがあったから。
説得力があったから。とりあえず、任せておきたくなるから。
この一般論は、実に正しいらしい。

たぶん彼は、その「パフォーマンス」を小躯ゆえに身に付けたんだろうな。
その手法は正しいと思うし、とても同感できる。
小さいならば、大きくはなれないのだから、
せめて大きく見せる努力を。大きく見える努力を。
そのパフォーマンス能力を天性に備え付けている人もいれば、
努力して身に付けた人もいる。
前首相は天性もあり、努力もした人なんだろうな。
姿勢、歩き方、表情、身振り手振り、言葉、語調、声の大きさ、着る物
自分を大きく見せられるものはたくさんある、いろいろできる。

「やっぱりオーラが違うよね」と言っていた人が多かったけど、
オーラは見えないので、そのへんはよくわかりません。
ただ、存在感の違いだけは明確。

前首相の語録って、たぶんたくさんあるのだろうけど、
いちばん印象に残っているのは、大相撲の表彰式で貴乃花に向かって言った
「感動した!おめでとう!」
です。この他には何も言わなくて正解。
このふたことに、ぎゅぅっと詰まったたくさんの言葉があるような気がする。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-05-09 00:40 | 雑言タハゴト


<< 口内環境      なごみたい。 >>