WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 13日

かかってきなさい

先日、久しぶりに営業部長(「件の仕事マシン」)と外出打ち合わせ。
やっぱりこの人とは仕事がしやすい。
話が簡単明瞭、歯切れが良い、押しが強い。
弱小企業にはもったいないくらいの営業力、交渉力、理解力、人格。
会社の中で、この人は一番信頼できる。

そういう、いわゆる「できる男」が
打ち合わせの帰りの車の中、会社の体質や社員について訥々と不平不満を漏らしてきた。
普段から、他の営業マンの仕事の仕方や仕事意識について思うことやら
他の部署の不透明な仕事について思うことなんかを
色々と聞かされて来たのだけど、この日はやけにお怒り気味。
どうやら、私が現場勤務になってから、言える相手がいなくなって
溜め込んでいたような様子。

愚痴を漏らされるのは、私は別に構わない。
むしろ「え、その話、私なんかに言ってもいいんですか?」という感じ。
会社で会長社長に次ぐ立場のその人が発する社員に対する評価を、
私みたいな平社員が聞いていいの?
そりゃ、社歴は一番長いけどさ・・・。

たぶん、おそらく。
その人が私に色々と話をしてくるのは
「自分が思っていること」に添った意見感想を、私が言うからなのだと思う。
もちろん、私は「話合わせとこう」なんて思ってはいない。
ただ、「たまたま同じように考えている」、それだけのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

性格的に、聞き役な私。
人の話を聞いて、適宜うなずいて、笑って、意見を求められれば言う。
同意もするし、たまには反発もする。

相談事や愚痴にも、わりと応じる。
なんだろ。ものすごくヘビーな相談事や、
悪意に満ちた理不尽な誹謗中傷はご勘弁を、だけど、
それ以外だったら、ちゃんと聞く。
そして、聞かされることについては、あまり心の負担にはならない。
「悩み事を聞かされたあとに自分もブルーになる人」というのもいるらしいが、
私はあまり、人のブルーに引きずられない、と思う。

「ブルーな状態」が嫌いなのです。
ちょっと滅入ると、そのままマイナスのスパイラルにはまってしまいそうで、
それが嫌だから、無理にでもファインな状態に持っていくようにする。
ちょうど、マシンの「ゴミ箱を空にする」をクリックする、みたいな。
これを最近「自己浄化」と呼んでいます。
・・・ただ単に、「嫌なことは忘れちゃうよ♪キャンペーン」なんですが。
きっかけはいろいろ。
忙しく仕事をしてみる、音楽を聞く、ここに明るい決意を書いてみる。

話を聞くことで、話をする人の荷物を半分持てるなら、
それでその人が少しでも楽になるならば、私でよければ、持ちましょうよ。

ただ、少し経つと「ゴミ箱を空」にしちゃうので、あまり覚えてないけどね。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-05-13 00:50 | 今日ノ出来事


<< 素敵だなぁ      口内環境 >>